<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.20 Sunday  | - | - | - | 

明けちゃいましたぁぁ!!



新 年 お め で と う ご ざ い ま す.。.:*・゜☆

忙しい忙しいと仕事の鬼になっている間に年の瀬が迫り、
1年間気付かぬふりをしてきた換気扇のベトベトと格闘し、
パチンコ行って、管釣り行って打ちっぱなしに行ったら
あっという間に年が明けてしまったΣ(゚Д゚)!

久々の管釣りはどこに行こうかと色々考えたけど
去年の正月に1人で行った赤城の寒い記憶がよみがえり、
北上するのはいやだわ・・・遠いのも朝早く出るようだし・・・
などと根性の全く感じられない消去法で選んだ結果、
お約束のリヴァスポット早戸に決定。去年のガッツはどうした!?

「管釣りは釣れてなんぼじゃぁ!!」ドン!

気温より寒い言い訳で根性なしの後ろめたさを拭いつつw

前日にマラブーだけパパッと巻いて10時、リヴァスポット到着。
太陽が低い時期は木々に囲まれた釣り場は日陰だらけ・・。
人は今までで一番多い感じ、でも釣れてる気配は一番少ない。

釣れそうな所より日の当たる環境が優先だった瞬間
リヴァスポット早戸

日の当たる場所は数ヶ所のみ。ちょいと入れてもらいますよ。
あもの右隣はフライマン、左奥はルアーマンがガツガツキャストしている。
頻繁にフライやルアーをチェンジしながら頑張っている中、
あもはグレーオリーブのさこ姐さんマラブー1本で勝負w

ニジマスちゃん、マラブーを魚と間違えちゃった瞬間
デメちゃん

久々にさこ姐マラブーを使ったけど、色の割りにかなり見えるし、
ペロペロ水の中を動いていると何気に魚っぽく見えたりするのよ。
うっかりにじべえちゃん、勘違いしてくれてありがとうw

しかーし。寒くて水温が低いのか、リヴァスポットのわりに爆釣しない。
他に日向がないから移動することも出来ず、シブシブの同じ場所で
昼までかかってマラブーでニジマスをやっと3匹釣り、ドライにチェンジ。
夏のリヴァスポットはでかかろうが小さかろうが虫っぽけりゃ
何を投げても釣れたけど、今日は小さくなきゃダメっぽい。

18番のCDCソラックスをつけてしぶとくチャレンジすること1時間。

ヤマメちゃん初お目見えだった瞬間
ヤマメちゃん

\(´∀`)丿\(´∀`)丿ワーイ!!ワーイ!

リヴァスポットで万年ニジマスハンターのあも、ついに初ヤマメとご対面!!
しかもドライで!! おまけに水面に落ちた瞬間カポッと。

ほぼ引きを感じないくらいのちびっこではあったけれど・・・。

全く爆釣じゃなかった瞬間
釣果

4時間で4匹・・・Σ(゚Д゚)! 

管釣りは釣れてなんぼ・・・え?何の話でしたっけ?

リヴァスポットに半日いて4匹ってちょっとショック。
2時を過ぎ、釣り場はすっかり日陰オンリーになったけれど、
あんまり悔しいから場所を移動して頑張ってみることに。

移動と言ってもすぐ隣に移っただけなんだけどw
それまでいた場所とは違い、対面にも釣り人がいる激戦区。
あんまり釣れてる気配はないけど再びマラブーに戻してトライ。
ほどなくして投げたマラブーを追ってくる大きな魚影を確認。

うわ、でかーっ!!と思った瞬間、グンと強い引きが。

どうせニジマスのみ、そしてデカブツには相手にされないと思い、
普段のリールにつけっぱの3番ラインに6番リーダー、6.5のティペット。
デカブツとファイトしたこともほとんどないからきっと切れちゃう。

無理に引っ張ると切れるってことだけ教わっていたので、
ささっと引っ張り、止めて、ロッドがおかしな角度にしなったら
緩めてラインを少し出したりなんて思いつくことをやってみたり。
きっと切れるな・・・360度ワイドビューな釣り人の視線が刺さるわぁ。

久々のミラクルが起きた瞬間
ちょいデカニジマス

デカいの基準がベテランさんとは違うかも知れないけど、
ニジだろうが何だろうが尺以上を釣ったことのないあもには
1人で釣り上げるにも、体を持つにも相当なデカブツ。

全く壊れる気配のないマラブーが外せないから触ったけど・・・
せっかく触っちゃったから体も持って撮ってもらったけど・・・
ええーん、ヌルがすごくて気持ち悪かったよぅ。

デカニジの後は何をしても泣かず飛ばず。
4時近くにあまりの寒さに負けて退却。
リヴァスポットで釣果5匹・・・微妙に納得行かない気もするけど
初のリヴァ産ヤマメとデカニジが釣れたからいいのかな?

あんまり暴れん坊じゃなかった瞬間
新さーん

釣りの後はパチンコだ!!スロットは出ないからパチンコだ!!
ダースベーダーとエヴァが出る気がしたけど時代劇好きのあも。
CR暴れん坊将軍3に座り、1000円で単発、大当たり。
チャレンジモードですぐに確変を引き、あっという間に6箱。

おぬし・・・なかなかやるのぅ。

とほくそ笑みかけたら、その後、激熱リーチがすべりまくり、
それでも欲の皮が突っ張っているため粘りすぎてしまい、
あっという間に4箱飲まれ、しょっぱい結果で終了。

ひそかに夢見ていた年末ジャンボも100万の夢破れ、
夏に続き3000円当たりで終了・・・。遠い。遠すぎる!!

ちらし寿司を作ってみました
ちらしずし

大晦日の夜。酢飯が食べたくなってちらし寿司を作ってみました。
どうも寿司はあんまり得意じゃないけど酢飯はおいしいw
ちょっと豪華なサラダとローストビーフを買ってきてビールとワインで年越し。

買ったまま見れなかったDVDを見たりゲームしたり、
CATVで起動戦士ガンダム30周年記念一挙48話放送見てたら
もう元旦も終わっちゃったよぅ。仕事まであと3日・・・('A`)


更新も滞りがちでしたが今年もよろしくお願いします!!


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2009.01.01 Thursday 23:34 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

加賀FAへ物見!?

遅ればせながらの管釣り開幕で久々の加賀FAへ出陣物見Σ(゚Д゚)!

わた兄&みつ姉と昼前到着のはずが事故渋滞に巻き込まれ、
到着は「あわや食いっぱぐれ!?」と思われた13時半すぎ!!

食べ始めたところで一安心だった瞬間
加賀フィッシングエリア

今年もFF-PALのバーベキューは弱肉強食Σ(゚Д゚)!
「食うか、取られるか・・・」
焼けた肉を見つけたもの勝ちの過酷な戦いよw

肉もえびもウィンナーも満喫できた瞬間
肉満喫中w

間に合ってよかったぁ!!
お肉も豚と牛両方、ちゃんと食べられましたw

突撃!隣のフライボックスが始まった瞬間
始まるよ〜

突撃!隣のフライボックスリターン!!

1年前のちょうど今頃みんなで行った養沢で突撃したC氏。
ほぼカディスのみのフライボックスが超〜男前だったけど・・・(養沢撃沈記

カディスだけじゃなくなってた瞬間
カディスだけじゃなかった!

フライボックスまででっかくなって・・・って普通のフライじゃないじゃない!!
ははーん。引っ張るのか・・・そうか、引っ張っちゃうんだね。
渓ではカディスだけなのに、管釣りではドライじゃないんだね?

海釣りもするC氏。さすが色んな引き出しがあるのね。
笑っちゃったけどカディスオンリーも深い意味があるに違いない。
今後もフライボックスの定期突撃は必須と・・・(メモメモ)

今年は乗車率200%になっていた瞬間
満員

やっぱり去年の今頃、エリアMAXのオフ会で突撃したR氏のフライボックス。

去年は140%と思ったけど、今年はさらに増えてる気がΣ(゚Д゚)!
・・・CDCのお客さんが増えました。一体どこで下車するのかしら?

刺し方が「???」だった瞬間
さしかたが・・

むしろ逆に難しそうな・・・R氏、キャリア十数年。俺流っていいねw

すし詰め状態だった瞬間
ぎっしりΣ(゚Д゚)!

あもはのっぺりしたフォーム材にフライを刺すの苦手。
なぜ間をあけずにすし詰め状態で刺せるのか、逆に感心w
でもR氏がこんなの使ってるとこ、見たことあったっけなぁ・・・?

といいつつ、あもも巻いたりもらったりしても
結局、いつも同じようなのしか使わないけどw

ようやく釣りを始めた瞬間
小1時間釣りのようなことをする

バーベキューから久しぶりにFF-PALのメンバーに会ったので、
ついつい話が弾んでしまい、釣り始めたのは何と3時半Σ(゚Д゚)!

午後券の一般池だから頼みのストリームエリアは行けないし、
人は多いし、でも周りで釣れてる人いないし、風はないし・・・
ただでさえあもにはハードルの高い加賀。全く釣れる気がしない。

パラシュート、カディスと虫が飛んでライズしているあたりに何度も投げて、
タコ爆使って撃沈し、小さいドライに変えて・・・2度かすっておしまい。

・・・いいの。加賀でボウズは慣れてるから。
おまけに今日はスペシャル5000円じゃないし。
久々にみんなに会って楽しかったんだから!

さっさとあがって盛り上がってた瞬間
さこ姐さんと盛り上がる

暗くなってフライが見えなくなったのを潮にさこ姐さんと退却。
バーベキューの時も散々話していたくせにみつ姉も加え盛り上がるw

最後はやっぱりうずら庵だった瞬間
うずら庵 きのこのわさびあえ
卵焼きとサラダ
揚げそばがき
菊花天ぷらほか


クラッチさん、テルッチさん ご無沙汰しましたぁぁ!!
1年近くぶりのうずら庵。今日も揚げたそばがき超ウマー!! 

別腹発動するまでもなくたいらげる瞬間
そばうまーい

夏でも熱麺派のあもは普段、注文してザルを食べることがないけど、
うずら庵でザルを食べると蕎麦って味があっておいしいなぁと思う。
麺つゆにつけてズルズルやるのもいいけど、塩つけて食べるのも好きw

里見さんにテンションアップの瞬間
里見さんも!

2月のフィッシングショーでお目にかかって以来の里見さん。
DVDやケーブルテレビで何度も何度も何度も何度も見てるけど、
ご本人に会ってゆっくりお話できるのははやっぱ嬉しい。

どさくさに紛れて冬季釣り場のことなどをちゃっかり聞き込み、
ついでに近々のテレビ放送予定などもしっかりチェックw
11月11日にはNHK「天才テレビ君MAX」で放送があるとのこと。

小学生向けの子供番組だろうが何だろうが、
あたいは絶対に録画して見ますとも!!ドン!
忘れないうちこの後すぐ予約をしますw


久しぶりなのに全然そんな感じがしないメンバーに会えて、
面白い釣行談あり、お約束のお下品な明るい下ネタあり・・・Σ(゚Д゚)!
大笑いの楽しい時間でストレスはすっかり吹き飛んだ!!
今回は出陣ではなく物見風で終わってしまったけれど、
そんな時間が持てるのもやっぱり釣りをやっているから。

釣りに感謝!! 釣り友達に感謝!! と心から思う。

年末にかけてさらに忙しくなるし、どんどん寒くなるけど、
暇を逃さずピンポイントゲリラ出陣しなければぁぁ!!


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.11.03 Monday 21:05 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

山形県小国町に出陣!:後編

ヨロヨロしながら釣り上がった川沿いに戻るのヤダなぁ・・
と思っていたら登山道で降りれてひと安心w

マイナスイオン大爆発だった瞬間
登山分+釣り上がり分=降りる距離Σ(゚Д゚)!

釣行前日、珍しく肩がかなりこっていたんだけど
大自然の中にいたらすっかり治ってしまいました。
酸素が濃いって、マイナスイオン大量って、なんてブラボー!!

とぼけた看板にも癒される瞬間
とぼけすぎです

森林性野鳥のさえずり・・・この周辺 Σ(゚Д゚)!
木漏れ日・・・この周辺 Σ(゚Д゚)!
マイナスイオン・・・この周辺 Σ(゚Д゚)!

登山道の道端には所々、こんなすっとぼけた看板が立っている。
この周辺って・・・デザインも文言も気の抜けたゆる〜い感じがナイスw

男たちもゆるかった瞬間
川を物色するオヤジたち

ルアーマンCさんの超高級ベンツワゴンで出陣したため、移動は着替えて。
近所の人的な抜け感満載で次なる釣り場を物色中です。

まだまだ戦場に迷っていた瞬間
まだ物色中です

あもたちフライ組にも釣りが出来そうでいて、
ルアーマンたちもそこそこ大物が狙えそうなところ・・・
ダムを越え、何だかすごいところまでやってきました。

あまりに風光明媚すぎた瞬間
日本じゃないみたいです

ススキがなかったら、ちょっと日本じゃないみたいな・・
釣り場には見えないけどついに戦場が決定Σ(゚Д゚)!

着替えてまたまたひたすら山を登り、上流で大物を狙うという
デンジャラスなルアーマンと分かれ、熊よけ鈴をつけてヤブこぎ入渓。
玉川渓流一帯は「またぎの里」・・・妙なリアルさが嫌だわぁ。

なぜか阿波踊りだった瞬間
エイドリアーンなつもりが阿波踊りに。。。

ウェーダーをドロだらけにしながら50メートル程ヤブヤブな崖を降りたら、
まださらに沢を下って行かなければならないことが発覚。
背丈か、それ以上の落差がある急なチビ崖の連続!!
ラインをしまって決死の覚悟で慎重に主戦場に向かう決意の時、
あもの中ではエイドリアーンなつもりで手を上げたはずだったのに、
写真を見たら阿波踊りかちゃんちきおけさだったΣ(゚Д゚)!

釣りあがれねぇぇぇ!!だった瞬間
上り方面

必死にまじめに沢を降り、やっとの思いで戦場についた。
よーし!!と川に目をやれば・・・なんじゃこりゃぁぁぁ!!
写真だと分かりづらいけど上流側はまるで立ち込めない深場。
渡るのも川通しに歩くのもとても無理。おまけにゴルジュ・・だっけ?
両側とも切り立った崖になっていて岸際を進むことも無理。

下流もびっくりだった瞬間
下り方面

下流も少し先から水の色が明らかに変わっている。
垂直な崖にも挟まれてどうやっても先に進めそうにない。

ってことは・・・

実質100メートルしか区間がないことを確信した瞬間
実質100メートル強の区間Σ(゚Д゚)!

あんなに苦労してここまで辿りついたのにぃヽ(`Д´)ノムキー!!

くさくさしながらラインを通していたら小さい魚影を発見。
午前中、あもが見た魚影についてルアーマンに確認したところ、
あの川にハヤはいないとのこと。やっぱイワナで間違いなかった。
もしや今、チラッと見えた魚影も小さいけどイワナでいいんじゃない?

少し気を取り直し、勇んで狭い区間に挑んでみるものの、
川の向こうのポイントは立ちこむには深くて流れも速くて怖いし、
手前からキャストしても天敵、手前の流れが邪魔する始末('A`)
自由自在にラインが操れたらどんなに可能性が広がることか・・

手も足も出なかった瞬間
一体どうしろと・・

短すぎる区間を終え、進める下流の限界までやってきました。
岩をよじのぼってプールを覗くと管釣りのごとし大量の魚影が!!

でもよく見たら小さい黒ばっかり・・・ハヤだらけヽ(`Д´)ノラー!
さっきの魚影もハヤだったのか。油断も隙もありゃしない。

ふん。いいもんね〜こんな高いところからじゃ
何か釣れたところでどうせキャッチなんて出来ないもんね・・・

いじけて川面を見つつ、何気なくもっと下流に目を向けると
ハヤの軍団とは一味違う、白っぽい大きな魚影を数匹発見!!

こりゃ一大事!! 

10メートルくらいあると思われる岩の上をへっぴり腰で移動。
あの魚は何?おっかなびっくり岩から顔を出してガン見すると
水底に明らかにハヤとは違う感じの色白でグラマラスなボディが見えた。

遠視で乱視のあも、さらにさらに超〜ガン見・・・
目の毛細血管が数十本は切れたと思われる。

が、見えましたぞーー!! パーマークがぁぁぁ!!

しばし高所恐怖症に打ち勝った瞬間
悪あがき中

数分前にはキャッチは無理だの何だのといじけておきながら、
高所恐怖症も忘れ、岩の上にすっくと立ち上がったあも。
きっと釣れない、万一釣れてもキャッチできないと知りつつ、
超ウルトラスーパーミラクルな天文学的確率を夢みてタコ爆を投下。

・・・腰が引けていてかっちょ悪いのは仕方がないw

うぇ〜寄ってくるのはあっちもこっちもハヤばっかり!!
バキャー!! お呼びじゃない、あっち行けーヽ(`Д´)ノ

結局、お上品な天然のヤマメちゃんは下々のニジマスなどが食す
下品な色のタコ爆なんぞには一度たりとも、ぴくりとも反応せず、
涼しい顔で水中の何かを捕食しておりましたとさ・・・('A`)

大敗したあも、悲しみを背負いヨロヨロしながら崖登りリターン。
沢登り、岩登り、ヤブ漕ぎ、山歩き、崖下り・・・
はて、あもは山形に一体何しに来たんだったっけか?

・・・ ・・・ ・・・号泣。

上流を目指した大物狙いのルアーマンはちびイワナが爆釣だったそうな。
ただし、強引に釣り上がった結果、戻る場所が見つからず、
決死のロッククライミング状態で生還を果たしたんだとか・・(((( ゚Д゚))))ガクガク

ちびイワナ爆釣<身の安全 ・・・羨ましいけどこれでいいのだ!!

山は確実に秋の気配だった瞬間
紅葉

これにてあも2008年の釣行は終了。去年に続き、
今年も東北でシーズンオッフン前のファイナル釣行、そしてボウズ!(涙)
でも今回も色んな経験が出来た楽しい釣行だった。

ニジマス専門で鼻をたらしながら管釣り修行をした1年目。
ヤマメやイワナが少しばっかし釣れるようになった2年目。
3年目の来シーズンは・・・ボウズやボウズの危機が減るといいなぁ。

やっぱ今年も・・・管釣り修行に行かねばなりますまいなw


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.09.28 Sunday 03:57 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

山形県小国町に出陣!:前編

間もなくシーズンオッフンの今日この頃・・

あもはひょんなことからブログとは全く関係のない釣り人と、
山形県小国町にある玉川渓流へ出陣することに。
ブロガーじゃないフライマンに「ルアーマンと山形行くから一緒に!」と誘われ、

有休下さい!!・・・てか絶対に取りますからね=3=3

シーズンオッフン前のミラクルを期待してふたつ返事で無理くり有休を強奪w
夜中12時集合で一睡もしないまま、鼻息も荒く戦場へ向かう。

5時前到着で真っ暗闇だった瞬間
真っ暗なうちに到着

ここから徒歩で山を登らなければならないらしい。
日の出を待ってしばし仮眠を取り6時、登山開始。

大岩ゴロゴロで体力が必要そうだった瞬間
釣り版ブートキャンプを覚悟

・・Σ(゚Д゚)! ネットで見たのはキャッチアンドリリース区間の写真だったのか!
いわゆる山岳渓流。岩だらけでなかなか歩きづらそうです。

がさつな行動は封印の瞬間
魚影はないけど頑張っています

ライズがないどころかプールを覗いても魚影すら確認できない。
養沢と同じ調子でバシャバシャ、ゲラゲラやってたら絶対だめよ!!

岩の間は砂だらけ。岩を登ろうと足をかけて体重を乗せると
靴底についた砂でつるっと滑る。川底の石も黒いのが多い。
膝深さがほとんどで流れもそこそこ速いので横断も注意。
余計なところにいつもの倍、神経使ってヨロヨロしながら進む。

水量が増して流れが速くなってきた瞬間
堰堤が見えてきました

ここから先は魚もいるけど上に行くほど水量が増えて
激流チックになる超デンジャラスゾーンとなるらしい・・Σ(゚Д゚)!
あもはそんなの怖いので堰堤の横にある川に入ることに。

見慣れた感じであもにも安心だった瞬間
横の流れを選択

大岩もなく、行ったことあるような渓相でまずは一安心w
魚影も走る魚もまだ1回も見てないけど堰堤まで頑張ってみる!

イワナポイントも流れの中も・・


何度も来ているルアーマンによると流れの中からもイワナが出るらしい。
そういえば奥多摩に行った時もヤマメがイワナポイントにいると言われた。
いつもどこでも教科書どおりってことじゃないのね・・・

イワナポイントの白泡の下や岩の縁やドローンやグルグルはもちろん、
強敵、手前の流れが邪魔をしない限り流れの中もやってみる。

初の魚影を発見した瞬間!
初の魚影発見に真剣

本当に魚いるのかな・・と首をひねりだしていたところ、
ここに来て初めて魚影を確認。でもかなり小さい。
ハヤを疑い、単品だからイワナだと勝手に決めつけテンションアップw
魚がいることを確認し、さらに慎重に丁寧に探っていく。

探って・・・探りまくって・・・って堰堤着いちゃったじゃんΣ(゚Д゚)!

高所恐怖症で超へっぴり腰だった瞬間
へっぴり腰で観察

ここで本流から戻ってきたルアーマンと合流。
1匹ずつばらしたのみ、未キャッチでの帰還とのこと。
あもには怖くて降りられない凄まじい崖を下り、
堰堤下に颯爽とルアーを叩き込みに行く2人。

あもは初めて見る渓流のルアー釣りに興味津々。

怖い!!でも見たい!!

我が目を疑った瞬間
ありえない人もいます

こういうありえない人を横目に自分がドキドキしつつ、
複雑な乙女心で協議の結果、オドオドしながら観察w

釣り番組でバスプロがルアーをやってるところは何度も見てるけど、
渓流でルアーを流すってどんな? プールだけじゃないの?
ルアーの方が釣れるの? ルアーで釣るのはどういう楽しさなの?

・・・疑問は膨らむばかりである。

堰堤の上に上がってほっとした瞬間
堰堤の上もしぶとく

高いところは怖いねぇ・・・人が立ってるの見るだけでも怖い。
堰堤下が見えなくなれば一安心。気を取り直して再チャレンジ。

優雅なフライフィッシングとはほど遠かった瞬間
流れ早すぎなんですけど・・

#10のパラシュートをつけて提灯釣りするしかやりようがない。
ポイントにフライを落とせても、へぼへぼメンディング(のようなこと)
をしようと思った時にはフライが沈んだり流されちゃってるヽ(`Д´)ノ

魚はいるのかもしれないけど、あもには全く釣れる気がしない。
ルアーをぶん投げてリールでくるくるーっとやっているルアーマンを見ると、
隣の芝は青く見える・・ドライフライより絶対に有利そうに見えてくる。

ルアーマンOさんとCさん
ルアーマンKさんルアーマンCさん

Oさんは餌釣りから、Cさんはフライから転向したルアーマン。
渓魚を愛する渓流オンリーのベテランフィッシャー。ただしデカもの狙いw

一番のポイントをかっさらった瞬間
音沙汰はありません

行きの道中、初めてあったルアーマンの2人に聞かれるまま、
フライを始めて1年の出来事やどたばたを語ったところ、
「女の子が1人でえらいなぁ。頑張ってるなぁ」と
ジャンルは違えど釣り人ならではの共感(?)をしてくれたらしく、
釣らせてあげたいと堰堤を一番最初にやらせてくれた。

結局、一番のポイントでも何も音沙汰はなかったけれど、
諦めて戻った時、後ろで見ていた元フライマンのCさんが
「1年でそれだけ出来ればたいしたもんだよ〜
釣れる時期に釣れる川行けば絶対釣れるから大丈夫だよ!」
と言ってくれたのが魚は釣れずとも妙に嬉しかったw

突撃!隣のフライボックス番外編〜ルアーボックス
突撃!隣のルアーボックス

渓流のルアーはどんなのつけてるんですかぁぁぁ!!

ほめられていい気になった勢いで鼻息荒く質問。
ルアーボックスを見せてもらい、一部を写真に撮らせてもらう。
Cさん、ルアー転向は決してないあもに丁寧に説明してくれ、
あものルアーの魅力の質問にもちゃんと答えてくれた。

大物が狙えてフライじゃ難しいところも出来る

要約するとそんな感じだったような・・・Σ(゚Д゚)!

ま、ま、耳慣れない言葉もあったし仕方ない(笑)

結局、ルアーマンの2人が本流で1匹ずつばらし、
Cさんがちびイワナを一匹キャッチしたところで午前中は終了。
状況がよろしくないということで午後は移動することに。

ああ、あたしったら・・・でしゃばって山形まで出陣して、
魚も釣れず自分がルアーに食いついてる場合じゃないのよ!!

移動するならもそっと難易度の低い川を所望いたす。


〜山形県小国町に出陣:後編に続く。


疲労で幽体離脱しそうなためコメントのお返事は明日させて頂きます


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.09.25 Thursday 21:35 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

養沢に出陣!〜初めての水中撮影

わた兄&みつ姉と4ヶ月ぶりの養沢に出陣!
4ヶ月ぶりの養沢に出陣!

ちなみに仕事だ天候だとタイミングを逃しまくり、
釣りも1ヶ月ぶり・・・新調したベストもやっとデビュー。
入渓前、同じベストのみつ姉がおもむろに色合いをチェックw

管理棟前から張り切ってスタートだった瞬間
管理棟前から張り切ってスタート

連休の最終日。午後券で入っても30人目。
初日は70人で行くのを断念。2日目も60人だったとのこと。
シブシブかもしれないけど入るところに困らないのはいい!!

思う以上に激シブらしきことが判明した瞬間
見向きもされない

フライをどんどん変えて流しても全く見向きもされない。
ライズはもちろんないし、やる気なさ気に中層にいる魚も多い。
隣のわた兄やみつ姉を見ても釣れそうな気配が全然ない!

とりあえず1匹・・と試しにタコ爆投下しても見にすら来ない。
前2日の釣り人に最終手段で使われすぎてタコ爆もスレスレかΣ(゚Д゚)!

場所を変えてもシビア過ぎた瞬間
見向きもされない・・

プールだけじゃなく流れの中に魚がいるのも見えるんだけどねぇ・・。
何を流してもダメ。運よくフライ先行で流せてもダメ。全くダメ。

「1発で気に入ったのが気に入った流れ方してこないと出ないね」
とわた兄。細かいとこまで探っていたヤマメハンターみつ姉も
「ほんの少しでもドラグがかかったら絶対に出てこないね・・」

うぎゃーーーーーーっΣ(゚Д゚)! 

わた兄の心の声が聞こえた瞬間
ニジマスだらけ!

木の小屋さんから入りなおし、橋の上までどんどん釣りあがる。
と、わた兄にヒット。出たのはニジマス。この後もニジマス・・・。

ニジマスちゃんも「熱烈歓迎」だった瞬間
やっとヒットするも・・

わた兄もみつ姉も釣ったのはまだニジマスのみ。
激シブを実感し、またもボウズありと覚悟していたあも。
タコ爆にやっとかかったニジマスに心の底から熱烈歓迎!!
しかしぼんやり見えるシルエットの小ささに微妙な気持ち。

ニジマスのチビ記録が更新された瞬間
鰯サイズのちびニジマスヽ(`Д´)ノ

あもはねぇ、ニジマス専門の時期が長かったけど、
あんたみたいに小さな子は初めてだよ('A`)

最近、渓流で使うとちょっと後ろめたくなってきたタコ爆。
そうまでして釣れたのがこんなに小さな子だと複雑な気分ね・・。

食卓サイズより小さかったんです!!
食卓サイズより小さめです・・

鰯かっ!!・・・タコ爆なんかにがっついてこないで
ちゃんと虫をいっぱい食べてもっともっと大きくおなり。

初めての水中撮影は「?」だった瞬間
水中撮影・・なんじゃこりゃ?

何じゃこりゃーーーっΣ(゚ロ゚;)!

新しいカメラは水中撮影可能。でもまだ撮ったことがなかった・・。
タコ爆すら激シブの今日は水中撮影の練習でもしてみようと、
小さな子をモデルに撮ったつもりがまるで意味不明な写真に。

フラッシュ切るじゃない? 水中モードにするでしょ?
マクロにしたでしょ? あ、水中マクロってのもあるのね。

カメラをいじくりまわして゚ントの合う設定を求めつつ、
小さな子が飽きて暴れないようになだめつつ?

やっと物体が判明できる写真が撮れた瞬間
やれ面妖なり・・

やれ面妖なり・・・Σ(゚Д゚)!

てか、魚と分かる写真を撮るのにこんな時間かかっちゃ、
とてもじゃないけどか弱いヤマメやイワナなんて撮影できん!!

ブツブツ言いながらひとしきりの撮影を終え、
モデル協力をしてくれた小さな子に声をかけてリリース。

行ってよしっ!!

隣にいたわた兄が妙にうけていたのが印象的であるw

背後から凄まじいプレッシャーを感じた瞬間
凄まじいプレッシャーがΣ(゚Д゚)!

わた兄と先行していたあも。モデルごっこを終えても
なかなか追いついて来ないみつ姉の様子を見に行くと・・・

エッΣ(゚Д゚)! まだ木の小屋さんのちょい先だったの!?

食いが浅くてキャッチまでは至らないものの、
ちらほら出るヤマメを求め執念の探りを入れている模様。
気合と集中力持続中。紅蓮の炎が見えた気がしましたw

気がつけば「深宙」チックだった瞬間
へら釣り・・

最近、釣りビジョンのへら釣り番組「深宙」にはまり中のあも。
偶然、見たへら釣り師の石井旭舟さんがあまりに面白く、
フライフィッシャーなのに「深宙」を録画してまで見ている状態w

わた兄に「へら釣り状態になってるよ(笑)」と言われ、
座ったまま淡々とタコ爆投下を繰り返す自分の姿に気付き、
「あ、ホントだ!」と思わず苦笑。旭舟さんはオモローなのよw

2匹目のモデルゲッツ!!
被写体ゲッツ!

そんなことをしているうちに何とか2匹目が釣れました。
ドライに変えてしばしチャレンジした挙句、あきらめてタコ爆でゲット。
頑丈そうなニジマスちゃん。ちょっとあもの練習につきあってねんw

ちょっとこっち向いてくれる?
ちょっと協力してねんw

ああだ、こうだとカメラをいじってスタンバイOKになったら
何とニジマスちゃん、明後日の方向いているΣ(゚Д゚)!
映す予定のない下半身を持ってクルッとボディを回したら・・

かなりムッとされちゃった瞬間
こねくりまわされて怒っております

・・・こねくりまわしちゃってごめんなさい。

でもあなたのおかげで初めてのまともな一枚が撮れたわ★

ちなみに水中にカメラをつけると画面が低くて覗けなくなり、
だんだんと体勢が低く、低ーくなってしまったあも。
超絶真剣な水中撮影敢行中のひとこまと言えば・・・。

まだまだ体が柔らかくってよかった瞬間
ヨガかΣ(゚Д゚)!

・・・って、ヨガかっΣ(゚Д゚)!

自分で気付かないうちに体勢が低くなってしまったため、
ベストは水についてポッケに水がたんまり入っているわ・・
内ポケットにさしていたドライスプレー2本は次々流れていくわ・・

わた兄が下流であもを撮影してくれてなかったら
気付いた時にはドライシェイクがなかったとこだったよぅ。

苦心の末、がっつり水の中で撮れた瞬間
こんなもんで勘弁してやるか・・Σ(゚Д゚)!

別名「ヨガスナップ」・・・Σ(゚Д゚)!

フライを初めた頃のランディングも相当へぼかったけど、
水中撮影している姿も全くもって華麗じゃない!!

一、渓流で本気でタコ爆を使わない心意気
一、スマートな水中撮影の練習

釣りに行くと必ず何かしら課題が出てくるのであったw

シーズンオッフンまであとわずか。来週こそドライで1匹=3=3


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.09.16 Tuesday 22:00 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

風雲フリック決戦!!

わた兄&みつ姉とフリックに約1年ぶり2度目の出陣!!
いざ!出陣

あもちゃんお魚クイズ、今日こそ悲願の正解を目指す。
今日釣れないと何だかこのままシーズン終わりそうな気が・・。
背水の陣?・・・何が何でも。今日は何か釣るのだヽ(`Д´)オー!
セオリー通りを味わうべく鼻息も荒くいきなり上等なポイントへ。

魚影確認!!穴があくほど水面ガン見だった瞬間
ヤマメヒット直前

入渓流した途端、雷が鳴り出し今にも雨が降りそうな気配。
・・やだ困るー!!勇気ある撤退前に何としても釣るのだ。ドン!

正解の場所をうろうろしているあなた達。
ほら、さっさとあものフライに食いつくのよぉぉぉ・・・

いつもなら待てど暮らせど音沙汰のないお魚クイズ。
だが今日はなんと数投目でガボッと華麗なるヒットが!!!!

「雨が降る前に絶対1匹釣れるよ!」と後ろで見てくれてた
わた兄が声をかけてくれたのとほぼ同時にヤマメ出現w


キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!  これ来たぁぁぁ!!


悲願の正解を得ども、ランディングはしょっぱかった瞬間


「逃げちゃう!!」と大騒ぎしていないところを見るに
少しは落ち着いてたみたいだけど、ランディングしようとして
足元にそっと寄り添っていたヤマメに気付き、ちょっと動揺。

ビューティホーなヤマメちゃんに感激だった瞬間
ヤマメちゃん

セオリーどおりの超優等生w あなた素晴らしい!!

久々に会う綺麗なヤマメ、うっとり眺めていたいけど
ついにパラパラ雨が降り出し、雷もゴロゴロピカーン(((( ゚Д゚))))

何かあっては遅いので、いったん車に戻って様子を伺うことに。

フリックはヤマメよりイワナの方が数が多いという。
去年は終了間近にやっと1匹ニジマスが釣れただけ。
今日は幸先よくいきなり貴重なヤマメが釣れた!!
次はイワナも釣りたい〜決戦だから野望は大きくw


雨やめぇ〜 雷どっかいけぇ〜(屮゚Д゚)屮 ウーラー!!


女の執念岩をも砕く・・夕立は不発に終わり無事再開w

イワナを狙い、執念はまだまだ持続していた瞬間
こっそり

スナイパー見習いあも、わた兄に後ろから見守ってもらい、
巻き巻きやドローンや岩のへりをひたすらひたすら探す。

当たりの気配に鼻息も荒い瞬間
気合

フリックでの今日の釣りがいつもと違うのは
ポイントにフライを落とすと当たりや合わせ至らなくても
進む都度、定期的に何かしら魚の反応が確認できること。

1投目→し〜ん

2投目→出たぁぁ!!・・合わせられなかったぁぁ!! 

3投目→うわっ、また出た!!・・ダメ。合わない!!

4投目→ま・・まだ出たぁぁぁ!!!!!

すったもんだの末、無事イワナをゲットした瞬間
イワナ1号 ひれなし残念

きゃっほー!! フリックブラボー!! イワナワンダホー!!
いそうと思ったところで釣れるとすごい嬉しい!! 
でもかわいそうに・・両面ともヒレがなかった('A`)

アドレナリン大放出で集中力MAXだった瞬間
真剣

釣れても釣れなくてもセオリーを味わいつくすのよ!!
そして今日は絶好調だから、出来ればヒレありの、
ビューティホーなイワナちゃんも拝んで帰りたいのだ。

イワナチャーンス!!が巡ってきた幸運な瞬間


ランディング直後、ロックオンしたのはヒレの有無のみΣ(゚Д゚)!
大喜びして動画も終わった頃、やっと大きさに注目w

何度やっても板についてない感ありでへぼいけど、
今日は慌てず騒がずなかなか落ち着いていてよいw

尺イワナの夢、破れた瞬間
泣き尺Σ(゚Д゚)!

無念なり。1センチ足りなかった・・。

ヒレ第一で大きさなんて野望はなかったくせに
初めて見る泣き尺にガックリするあも。何て欲張りΣ(゚Д゚)!

今度は体に大きな傷があった瞬間
イワナ2号

しかも同じような傷が反対側にも・・・。でもいいの。
刀傷(?)は修羅場をくぐった証よ。男前ブラボー!!

しかも本当にイケメンじゃない?と思った瞬間
イケメンいわな

・・・キョーーーーー!! 感無量。

あもはしばらくイケメンイワナを眺めていましたとさw

今回の釣り、とーっても感動。

徐々に下がりつつあったテンションを無理に盛り上げ。
リヴァスポット早戸でカメラをトイレに落としつつ練習して。
久々にまじめにフライなんかも巻いちゃったりして。

たいした努力でもその結果でもないけど、
あもなりに納得できたり消化できたことがあり、
釣果にだけじゃなく何だかとっても嬉しかった。

神様ってやっぱりいるねw また頑張って練習練習!!


〜ほぼつきっきりでガイドしてくれたわた兄に感謝w



ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ
2008.08.10 Sunday 22:59 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

あものリヴァスポット事件簿

このところ、たまの釣行でもあんまり釣れないし、
「セオリーどおり」の醍醐味も未だ味わうことが出来ず、
モンモンとしていたのでリヴァスポットで楽しさを思い出すことに。

爆釣にひそかな期待を寄せた瞬間
リヴァスポット早戸

本日は無心でただひたすら釣って釣って釣りまくる。
心の友ニジマスちゃん相手に釣りをする楽しさへの回帰w

気合入れて8時スタート。

しかし・・

フライボックスには気合が全く感じられなかった瞬間
うさちゃんボックス

持参したのは頂き物のうさちゃんボックス1個のみΣ(゚Д゚)!

3日かかってパラシュートとカディスとピーコックdeCDCだけ大急ぎで巻き、
あとは使ってみたかった頂きフライとパッチの使い古しフライ数個。
万一保険で入れた各色タコ爆が自信のなさを極めて象徴・・。

一発ヒットで心の友ニジマスちゃんと再会だった瞬間
落ちた瞬間ヒット!

フライが落ちた瞬間、ガボッと出てくると管釣りでも嬉しいね。
今日は楽しさへの回帰が目的だけど、流れのあるとこ限定ルール。

流れの中で待っている子が丸見えだった瞬間
離れません

流れのないところに群れでたまっている子と
流れ込みのところでじっと何かを待っている風の子。

去冬の管釣り修行中は釣ることに必死で水の中にいる
魚の様子の違いなんて見る余裕もなく気付かなかったし、
川じゃ近づけないからじっくり観察出来ない。
その上、セオリーどおりがなかなか体験出来ないから
たとえ管釣りでも居るべき場所に魚が確認出来ると、
ちょっとホッとした気分に・・ってこの気持ちは何?

合わせも大丈夫で更にホッとした瞬間
次々釣る

このところ合わせられないこともあって心配だったけど、
合わせも忘れちゃったわけじゃなかった。フッキングOK!!
フライも魚がいるところをちゃんと流せればバンと出てくる。

この場所からは動きませんぞ!!
絶対に離れませんって

手前の流れも奥の流れもフライを流せばどんどん釣れる!!
ホントの渓流とは違うけど流れ方とかしっかり観察すんのよ=3=3

そんなこんなであっという間にニジマスばかり20匹以上を釣り、
フライもあれこれ試して人気やティペットのチリチリなり度を目にしたり・・
思いがけず何度かかかった大物で糸が切れて悔しい思いをしたり。

せっかく日陰の川縁にいるメガ級の大物が釣れても
ファイトの腕前が悪いのと、6Xにも無理があるのか未遂ばかり。

両手で持たなきゃいけないくらいのデカデカにじます。
ちょっと憧れだったけど実際、間近で見たら・・・

ビビッて超〜触りたくないと思った瞬間
メガレインボーΣ(゚Д゚)!

一緒に行った友人が釣ったデカデカにじます。
釣ったはいいけどネットを持って行かなかったので
引き寄せるのに苦労。そして針を外すのに苦心。

こんなの触るの無理・・お願い。早く外してあげて!!


(((( ゚Д゚))))ギョー!!


だったらそんなデカデカ釣るな!! バキャー!!
あもだってこんなの超〜無理!!!迫力ありすぎ。
慣れないからこのデカさ、異常にきもく感じてしまう。

でもこのまま無理に引っ張ってると弱っちゃう・・。

意を決したあも、自分が釣ったわけでもないのに
「恐怖、デカデカニジマスの針はずし」を涙目で強行。
それからおっかなびっくり体を押して水の中に戻すと
何と、横になったままゆら〜と漂っちゃってるΣ(゚Д゚)!

ちょっとやだぁ・・こんなの死なせたら困る!!
でも両手で持って回復させるのもかなり怖い。

しばし心の準備をしていざ、両手でメガボディーを抱え、
涙目あもちゃん、超ドキドキしながら前後に前後に。

Σ(゚Д゚)!ハッ・・としたような顔をして泳ぎだしたのを見た時、
あたいにはあれとニコパチは無理だわ・・と確信いたしました。
自分で釣ったの実はバレてよかったんだわとも思ったりw

思いがけず衝撃的な体験をしてしまったあも。
本日は最後の最後に更なる衝撃に直面。


カ メ ラ 水 没


しかも川の中じゃなく、よりによってトイレに・・(号泣)
データは無事だったけどカメラは電源が入らなくなりました。
えーん、かっこ悪い。なんでトイレなんだろう・・イヤー!!

このところ星の巡りでも悪いのだろうか?

でも待てば回路の日和あり。星の巡りも釣るチャンスも・・。
釣りの楽しさ回帰は出来たからま、よしとするかw


〜カメラ買い替え神のお告げ。ポジティブ思考ブラボー!!


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.07.31 Thursday 23:58 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

本谷に出陣!〜正解プリーズ

さこ姐さん順坊さんわた兄&みつ姉と本谷に出陣!
本谷毛鉤専用区

【CASE1〜アタック21の場合】

問題:肺の呼吸作用を助ける、胸腔と腹腔を区切る膜状の筋肉は?

横隔膜!!・・・・・ピンポーン、正解。アタックチャーンスw

【CASE2〜クイズミリオネアの場合】

問題:少しのことで機嫌が悪くなる状態を「何の居所が悪い」という?
   A、枕 B、親 C、虫 D、足

Cの虫でファイナルアンサー!!・・・・・正解!!

【CASE3〜あもちゃんお魚クイズの場合】

問題:誰もが逃さない絶対ポイントは、さてどこでしょう?

そこーっ!!・・・・・
あのグルグル!!・・・・・
向こうの岩のへり!!・・・・・

そしてクイズは粛々と続いていった瞬間
いませんが・・

何のリアクションもないままに・・・Σ(゚Д゚)!

午前中はさこ姐さん、順坊さんと入渓。
先行させてもらい張り切って釣り上がるものの、
走る魚も見なけりゃ、フライも全然沈みやしない・・。

まだまだやる気マンマンだった瞬間


別に児玉清やみのもんたじゃなくていいから、
あもは合ってたら「正解!!」な瞬間を味わいたい!!

正解への執念を燃やす瞬間
無視ですか・・

「出ないねぇ・・つうか魚いないね・・」

何と!!今日もまたそのパターンですかっ('A`)
後ろから来た順坊さんとさこ姐さんにもあせりの色が。

だんだんブルーになりつつある瞬間
出ませんが・・

「いれば今ので出てたよ!!」

最近、そう言ってもらえることも多くなってきたけど、
いかんせん、そこどまり。そうして釣った試しがない。

教わったこと覚えてるのか、少しずつでも上達してるのか・・

勉強って答え合わせしないと方向を見失う。
知識って経験が結びつくと初めて自分のものになる。
あももそろそろセオリーどおりってやつを経験したいところ。

必死オーラが炸裂だった瞬間


やっと見つけたお魚ちゃんにさこ姐さんとアタック。
でもフライを投げてもどこ吹く風。チラとも見ずに完全スルー・・。

姐さん、やばいっす!!だった瞬間


午後遅くなってもボウズから抜け出せない!!
さこ姐さんがあもと一緒にボウズは困っちゃうよ・・('A`)

※さこ姐さんのその後はこちらでご確認を!!

いよいよ背中が寂しげになってきた瞬間


やる気ある子を見つけて遊んでもらうのと、
隠れている子を見つけて遊んでもらうのと。

どっちも難しいけど反応が全くないのはちと寂しい。

後の祭りに思わずしょんぼりしちゃった瞬間


ポイントを狙ってフライを凝視している時には出ないのに、
集中力も減って一応流してみよう的な時に限って当たりが。

・・・ハッΣ(゚Д゚)! 脳への伝達遅かったぁぁぁ!!!!

フライを見てたつもりだったけど、見えてただけだったんだね。
あっと思って慌てて上げたけど、時すでに遅し。
それきり音沙汰はありませんでしたとさ・・泣くに泣けず。

ブログを見てくれてる人と出会った瞬間


当日、一緒に本谷に入った方たちと一緒に記念撮影w
みんなのブログを見てくれているそうですぐ仲良しに。
ちなみに皆さんが入った6,7も超〜激シブだったそうな('A`)

転んでもタダでは起きなかった瞬間
マイナスイオンだけでも逃さず吸収w

ふーん、ボウズが何だ!! (涙)

こうなったら自覚ないストレスをやっつけるため、
マイナスイオンだけでも大量に吸い込んで帰るわ=3=3

おもむろに岩の上に立ち、鼻を広げて深呼吸。

効くぅ〜。つうか効く気がすごいするぅ〜w
癒しの効果でリフレッシュ!!ふふ・・元は取ったな。

今回は土壇場のミラクルが起こせなかったけど、
考えることあり、笑いありで楽しい1日でした!!

〜次こそ「正解!!」を。あも虎視眈々w


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.07.20 Sunday 19:08 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

シャロムの森に出陣〜イワナ記念日

みつ姉&わた兄さこ姐さん順坊さんシャロムの森に出陣!
シャロムの森

シャロムの森は初めて渓流でニジマスを釣った思い出の場所。
肺炎で秋の陣は不参加だったから1年ぶり2回目の出陣。
ベテラン4人がどんどん釣るところのどさくさに紛れて
あもも今日こそイワナ記念日にしたいのだヽ(`Д´)オー!

ドナドナ初体験で動く前から大騒ぎだった瞬間
ドナドナ初体験で大騒ぎ

荷台乗車が初めてのあもとみつ姉は動く前から大はしゃぎ。
いざ動き出し、ガッツン、ゴッツンなってはゲラゲラ笑って大騒ぎ。
リアルビッグサンダーマウンテン? 遊園地の乗り物よりエキサイティングw

嬉しそうなみつ姉
ドナドナ初体験に大喜びのみつ姉
さこ姐さんベテランの落ち着きw
ドナドナベテランさんともなると・・


ドナドナに乗ること15分、2手に分かれて9時半スタート。
あもは久しぶりのさこ姐さん、順坊さんと一緒に入渓。
先行させてもらってイワナちゃんに出会うべく頑張ってみる。

教科書どおりの場所は気付くようになった
教科書どおりに狙う

泡の横やグルグル渦巻きも分かるようになった
神妙な顔で狙う

でも小さいポイントはすぐ見落とす
小さいポイントは分かりづらい

・・ダメじゃんΣ(゚Д゚)!

順坊さんやさこ姐さんに声をかけてもらい、
神妙な顔つきで難しいピンポイント攻撃を試みたり。

でも全然、釣れないの・・午前中、順坊さんが1匹。

後からあもには2回、あたりがあったと聞いた。
イワナはヤマメと違ってガボッと出ないことが多いらしい。
一瞬、フライが沈んだ気がしたような場面は見てたけど、
ラインを引っ張られてフライが沈むことの多いあもは、
フライがちょっと沈んでもそれがあたりだと気付かない。
怪しいと思ったらとにかく合わせる・・・難しいねぇ。

お昼になって下から入ったみつ姉たちと合流。
わた兄が1匹釣っただけと聞くに状況は渋いらしい・・。

みつ姉とさこ姐、やっぱり似ていた瞬間
似てない?

ノリや雰囲気も似てるけど、並んだ姿もやっぱり似てる!!

違う場所で拾ったのにポーズは同じだった瞬間
鹿男1鹿男2

この2人も・・鹿の角を拾ったところにカメラを向けたら同じポーズをΣ(゚Д゚)!
気さくでとっても面白いこの人たちが、あもは大好きです♥

合流してわいわい楽しんだ後、午後の戦スタート。
前日、人が入らなかった上流になったこともあるのか、
しきりに魚がいないと言っていたベテラン4人はボウズ回避。

さこ姐さんにも教わり
さこ姐さんにも教わり

おかしいねぇ・・・今のところいれば一発で出るんだけど。

わた兄にも教わり
わた兄にも教わり

・・・つ、次、どんどん行ってみよう!!

順坊さんにも教わり
順さんにも教わり

・・・今ので出なきゃ魚いない、でもおかしい。

あもは最近、そう言われることが多くなってきたけど、
教科書どおりのところに投げてちゃんと出る・・という
セオリーどおりの一撃必殺的経験をまだ味わったことがない。

・・・えーん。早起きして来たのにまた釣れないのか。
でもあたいは諦めない!!今日をイワナ記念日にするのよヽ(#`Д´)ラー!

しぶとく執念深くチャレンジしていた瞬間
こんなところや

・・グルグルに乗って3周。岩の下だって回ったのに。
・・岩のへりをどんぶらどんぶら綺麗に流れたのに。

蜘蛛の巣や障害物にも臆せず挑んだ瞬間
こんなところだってチャレンジ

フライを持ってキャストしながら離す投げ方を教わって
モジャモジャか、あるいはフライ失くすの覚悟で特攻したのに!
順坊さんが「よし!」って言ってくれるとこ落とせたのに!


釣 れ な い よ ー ('A`)


見ているさこ姐さんや順坊さんも首を捻りだしちゃった。
今日は2時上がりの予定。タイムリミットが迫っている。

やっぱりあもにはまだまだファミリーゾーンがお似合いなのね・・・。
2年目のあもにはきっとシャロムはまだまだ難しい川なのね・・・。

時計をチラ見しつつ、促されるまま次のポイントへ。
次でダメだったら終わりにしてもらおうと思いつつ。

ここで華々しく討ち死にするのだ!!
最後のポイント

手前にある岩の陰からキャストして流すこと数回。
集中力フルスロットルでフライを穴があくほど凝視していると
丸い岩の真下で一瞬、フライがぬーんと沈んだ。


キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!


今度こそ見逃しませんぞ!! ぬーんってなった!!
反射的にロッドを上げて合わせられたことを確認すると、
今度はばらしたらどうしようと急にドキドキしてきた。
岩の影からキャストしたため、確実にランディングするには
ロッドを持ったまま岩を越えて行かなきゃならない・・。

〜イワナ記念日のかかったあも、今振り返るその時の行動。

‘┐欧燭蕕匹Δ靴茲Α!ととりあえず騒ぐ。
気持ちはランディング。泡食って背中のネットを探る。
2燭魴賁造辰燭里岩に無理やり片足をかける。
の昭蠅塞がって登れないことに気付いてフリーズ。

「とりあえずこっち上げちゃいな!!」

順坊さんの声に、ああそうか・・とようやく気付きw

冷静に考えたら立ってる岩の手前も小さい流だったわ・・。

おっかなびっくりロッドを上げて岩の手前に運び、
急いでネットを出してやっと無事ランディング完了!

待っていてくれた皆さん、お待たせしましたぁぁ!!

人生初のイワナちゃん♥
記念すべき初イワナちゃん

会いたかったぁ!! しかも見たかったゴールデンイワナちゃんw
サイズは19cm。ヤマメとはまた違うプニプニ感がかわいいったらありゃしない。

イワナ記念日の喜びをかみしめている瞬間
イワナ記念日のにこぱち

最後まで諦めないでよかった。最後の最後に釣れてよかった。
頑張って来てね、と小森谷さんがすごく応援してくれたから、
ニジマスに続き、初めてのイワナもシャロムの森で釣れたことが嬉しい。

帰り道も軽快だった瞬間
MTB快適!

帰り道のMTBはとっても楽しみにしてたんだけど、
目標達成した上で味わえば爽快感もひとしおw

今日も本当に楽しい楽しい釣りでした!!

と、あもが上機嫌で帰途についたその途中、
別れたばかりのさこ姐さんから緊急入電が。

「地震だって、東北で震度6強の地震!!」

一緒にいたみつ姉たちに伝えると2人は午前中、
あまりの釣れなさ、魚の気配のなささを見て
地震でもあったのかね・・と言っていたのだという。

地震があると魚は釣れなくなるらしい。
関東も震度3前後の揺れがあったというが、
山に入っていたあもは全然気付かなかった。
自然の中で生きる魚の能力ってすごいと思った。

でもそれよりも・・。

ニュースを見ると地震があったのはちょうど入渓した頃。
知らぬことといえ、よりによってドナドナで騒いでいたことを思うと
何だかいつも地震のニュースを見る時以上に胸が痛みました。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.06.15 Sunday 21:42 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 

奥多摩方面に出陣!

FF-PALのC氏と奥多摩方面に出陣!


去年の9月、台風後に偵察でコーヒー牛乳だった川。
9ヶ月経ってようやく釣りに来ることが出来たわ。

入梅直後、超〜久々の釣り。雨でも行く気マンマンだったけど、
週中に変わった天気予報は晴れ!!あたいは晴れ女〜♪
と浮かれていたが、おっとどっこいΣ(゚Д゚)! 増水していた・・。

激流チックなところも多々あった瞬間
デンジャラスゾーンもある

入渓時は「もしや水・・多い?」くらいなもんだったけど、
釣り上がるうち鯉の滝登りでも見れそうな激流ゾーンがあったり、
時間の経過とともに水の量もどんどん増えてきている気がして。

釣り上がる前に、まずよじ登る必要があった瞬間


仕事が忙しい今日この頃。思い立った時に1人でも
ふらっと行ける遠くないフィールドが欲しいなぁと思い、
この場所に通い続けて20年のC氏に単独釣行出来るよう、
入渓場所やポイントなどをレクチャーしてもらうのが最重要課題。

釣り上がって行く際の歩き方やルートの取り方と一緒に、
この釣り場での釣り方を教わりながら進んで行くことに。

こそこそするのが大切だった瞬間


養沢のようにザブザブとデリカシーなく歩いてはダメらしい。
ストーカー戦法で出来るだけコソコソ。岩陰からコッソリが肝のようだ。

立ち位置も考える必要があった瞬間


手前に流れがあると強烈なドラグがかかってしまうので、
せっかくコソコソしているのに提灯釣りにしたロッドを上げながら、
1歩、また1歩と知らず知らずのうちに前に出ているあも。

頭隠して尻隠さず・・・あもがもし魚だったら
その間抜けな姿を見てプッと噴出しちゃうよ('A`)
養沢ように人が年中ザクザク入る釣り場と違って、
本当の自然渓流はかなり神経使わないとダメなんだね。

特殊部隊の訓練風な体験をした瞬間


この日は水温が低くて活性が悪いだけではなく、
前日までの雨で思っていた以上の増水をしているらしい。
途中、渓流歩きが不慣れなあもには間違いなく
通行不可と思われる強烈な激流デンジャラスゾーンがΣ(゚Д゚)!

岩に手をかけてぐるーっと半身回すだなんて!!

増水で激流になっている今、水の中は絶対に歩けない。
だから川幅が狭くなっているその区間を抜けるには
サル並みの運動神経がない場合、大きく迂回するしかない。

・・・でもだからってこんなところを登らなきゃだなんて!!

上を見た感じ、斜面・・35度くらいなんじゃないの?
川を行けば激流に落ちて流される危険と隣り合わせ。
湿った急斜面を登れば滑って転落する危険と隣り合わせ。
でも直下が激流ってよりは精神的に全然、楽よねw

無事、生還した瞬間w
無事生還w

初めてヤブ漕ぎした時、Yさんに教わったことを思い出し、
常に3点で体を支えていたため、おニューウェーダーはドロだらけΣ(゚Д゚)!

振り返れば川なんて見えなかった瞬間


あれまぁ、こんなとこよく登ってきたもんだ!!
ここにこのまま通っていたらヤブ漕ぎ達人になれそう。

ぜぇぜぇしながら次の区間へ張り切って出発w

C氏の釣り方を凝視中
C氏のつり方を凝視中

やっぱり上手い人は何もかもが違う!!
フライラインなんてたいして出てなくても1発でポイントに入るし、
バックが取れなくてもポイント横に変な枝が垂れてても
自由自在にキャストするし、全然フライもひっかけない。

あもなんて・・あもなんてねぇ。

フライは昼過ぎの時点で10個近く討ち死にさせちゃったし、
せっかく岩の影から狙おうとしてるのに1発目でいきなり
ポイント間近にフライをひっかけて泣く泣く回収しに行ったり・・。

本末転倒・・何やってんだ。あものバキャー!!ヽ(#`Д´)ノ

とどめに水の中に浮いていた枝にリーダーごと引っ掛け、
回収はしたものの復元不能なモジャモジャにしてしまった・・

釣りを始めて1年。釣り場でスプライサーを使ったリーダー交換を、
初めて自分だけでやることが出来ました。20分かかって(笑)

知らぬ間にC氏ヤマメを釣っていた瞬間
ヤマメちゃん

あもが大騒ぎしている間にC氏がヤマメをゲット!!
魚影が全然、見えなかったけどちゃんといたのねw

ストーカー&釣り堀作戦もれなく決行中


見づらいけど顔半分だけ出して腕伸ばしたり、
鼻の下伸ばしながら岩の真下を覗いてみたり、
岩によりかかって向こう側狙ってみたり・・・

それでも全然、釣れないから。

思わず、正座しちゃった瞬間
正座で・・

・・・Σ(゚Д゚)! 

半年ぶりにご一緒したC氏には上手くなったと言ってもらえ、
魚がいれば出るというところにも何度も投げられたんだけど、
結局、今回は今シーズン2度目のボウズ。魚は留守だったね。うん。

C氏によると20年通っていてワーストに入る悪さだったらしい。
普段は今日くらい出来ていればちゃんと釣れるとのこと。
増水すると危ないから雨の後に1人で来るのはダメだけど、
釣り方自体は問題ないとお墨付きをもらえたからいいかw
久々に釣り場に立ったおかげでリフレッシュは完璧に出来たし。

梅雨が明けて渇水気味になったらリベンジ決定!!
渓相がよくて魚が綺麗で、人も少なく遠くないのは最高♥
次は川を通しで釣り上がりながら絶対にここの子に会うぞ=3=3


ところで・・。


そういえばあもは今日、変わったものを釣ったんだった。

岩と岩の間を狙っていた時のことじゃったぁ・・


キャストしたらポイントの真上でフライが宙に浮いているから一瞬、
「あらやだ。不思議なことがあるもんだね」と普通に思い、
数秒たってからやっとおかしな事態に気付いてフライを回収。

ゴミがくっついてきたと思ってよく見てみると

魚の代わりにとりあえず報告してみた瞬間


蜘蛛が釣れましたぁぁぁ!! (←なんでそんな嬉しそう?)

けっこうでっかいの。茶色。ごっそり蜘蛛の糸ごとw

フライから50センチくらいのところを持って見せながら
カメラを出してびっくり映像を撮ろうともたもたしていたら
ゴニョゴニョ蜘蛛がティペットを登ってきた・・(((( ゚Д゚))))イヤー!!

ちょっとあんた、自前の糸の方、登んなさいよ!! 

ブンブン振り回した挙句、C氏にパスし取ってもらいましたw

虫嫌いー!! 歩く動きが早い虫は特に嫌いよ!!
ドキドキしたのに結局、蜘蛛の写真はぶれぶれで役に立たず。

釣れても釣れなくても川へ行くのは楽しい。
今日も1日、すっごい面白かった!!
大切な秘密の釣り場を教えてくれたC氏に感謝!!

〜仕事が何だヽ(`Д´)オー! 来週もあたくしは断固、釣りに行きます!!


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.06.08 Sunday 23:06 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜2年目 | 
 | 1 / 3 PAGES | >>
キャッシング