<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.20 Sunday  | - | - | - | 

そうだ!房総へ行こう

忙しくてタイムリーな更新を逃してしまったが・・Σ(゚Д゚)!

癒しを求めて久々に有休取った瞬間
鴨川シーワールド

好きなシャチを始めとする海の仲間に会いに鴨川シーワールドへ。

海のギャングは芸達者だった瞬間
名物シャチショー

巨体が水に飛び込むたび、客席にも豪快に水しぶきが飛ぶ。
あもはイルカとシャチが大好き。クジラは嫌いだけどシャチはかっこいい。
記録映画とかではシャチは海のギャングなどと言われ獰猛なとこばっか
クローズアップされるけど、家族愛もありインテリジェンスな生き物なのよ。

寒くてもかぶりつきで見ていた瞬間
シャチショーフィナーレ

トレーナーを背中に乗せたまま巨体をツルッとステージにすべらせフィナーレ。
海のギャングといわれるシャチだが、飼いならされたシャチは人間の友達w

念願のシャチキス体験の瞬間
シャチキス

テレビなどで見て、あれは芸能人特権かと思っていたら
500円払えば体験できると言われ、張り切って列に並ぶ。

水辺に立って顔を出しているとシャチがヌーッと出てきて
むぎゅ〜とほっぺにキス(?)してくれる。
キスといってもベロを押し付けられているのだがw

感触は…ヌルはなく肉をギュっと押しあてたれた感じ。
力の調整をして同じことを同じにやるシャチの賢さに脱帽。

シャチとキスで500円だなんて安すぎる!!シャチシャチシャチ〜♪

シャチキス証明書をもらった瞬間
シャチキス証明書

なぜ証明書なのかは分からないけどww
商魂たくましい鴨川シーワールドではプロカメラマンが勝手に写真を取る。
よかったらあとで買ってくださいというわけだ。

自前で取れたし〜と思ったけどやっぱプロは違うわね。
一眼レフの底力に1500円出して思わず買ってきてしまったw

めんこいったらありゃしない瞬間
白イルカ

白イルカの何とかちゃんたちΣ(゚Д゚)! 超〜〜かしこい!!
人間の言葉を完全に理解していてしゃべることはできなくても、
「こんにちわ」と言われれば、それに決まったアクションを。
「○○やって」と言われれば、ちゃんとそのアクションを。
人とコミュニケーションを完璧に取ることが出来るのだ。かわゆいw

水槽の中だから…なんて期待しないで見始めたものの、
ショーが始まったらシャチより大感動!! 芸を仕込む技にも拍手だ。
これを見るだけでも行く価値があるんじゃないでしょうか。

あわや大惨事!だった瞬間
ウミガメに殴られそうに

あやうくウミガメに殴られそうにΣ(゚Д゚)!

といっても水槽のガラスは水槽側は鏡のようになっていて
別に人間が見えているわけではないのだけれどw

鴨川シーワールドはショーをやるシャチ、イルカ、アシカ、白イルカなど芸達者のほかに、
水族館も充実していて、畳くらいのどでかいマンボウなども見れる。

シーワールドだけど川の仲間もいた瞬間
懐かしの・・

あなたたちとも久しく会っていないわねぇ…
最近、見かけるのは水族館ばかりのような…

ため息が出ちゃう瞬間
イワナ軍団

あもが行く川のあもの目の前で再現してくれませんかねぇw
大きいイワナがいっぱい泳いでいたけれどビューティはいなかった・・。 

房総と言ったら地魚だった瞬間
地魚寿司

とはいえ、どこがいいか分からずるるぶに載っていたお店へ。

全部地魚ではないと思われた瞬間
地魚寿司

あわびはかたくて生臭くとてもいただけなかったが、
やっぱアジの握りは一番! 地魚! 超〜おいしかった!!

焼くより生のが多分おいしかった瞬間
サラダと茶碗蒸しつきなめろう焼き

寿司にはサラダと茶碗蒸しがつく。他に焼きなめろう注文。
焼いたらつみれみたいだからきっと生の方がよかったぽい('A`)

鋸山へ登った瞬間
鋸山

本当は久留里城に寄りたかったのだけれど、
ロープウェイの最終に間に合わなそうで鋸山に直行。

最近、テレビでよく見る鋸山。名物はあのお立ち台。
断崖絶壁にせり出しちゃって…手すりとかつけたの誰?

高所恐怖症には耐えられない瞬間
○かは高いところが好き。。

こういうアホみたいな怖いもの知らずもいるようです。
あもなんて人が立っているのを見るだけでゾミゾミしちゃう…。
ああ、もう絶対無理。あんなところに立ったら失神する。

一応チャレンジはしてみた瞬間
へっぴり腰

お立ち台の裏の階段を伝ってせり出した部分に行き、
そこから斜面を少し降りる感じで先端に行くのだが…

あも、裏の階段の時点で足がすくんでしまい終了…チーン!
あまりに必死すぎて目なんていっちゃってるし (笑)

その昔、友人に引きずられフリーフォールに乗せられたあもは、
てっぺんで気が遠くなり、終わっても腰が抜け立てなかった。

こんな山の中で無理すると大変だからね。命あってのモノダネ。
くわばらくわばら…手すりを付けた人の顔が見てみたい。


癒されにどこかへ行くなら平日が最高!!

こうしてまた明日からシャカリキに働くのだ。
2009.11.28 Saturday 23:53 | - | - | あもの旅路 | 

諏訪高島城に登城!

諏訪高島城に登城!
諏訪高島城

元々は戦国時代からある城で、当時は諏訪湖のほとりにあった。
葛飾北斎が書いた絵を見ると、本当に湖岸ぎりぎりに建っていて、
水の中に浮いているように見えることから「浮城」と呼ばれた。
この角度で写真を撮ると当時の風情があるようだが、実は湖遠い('A`)

諏訪高島城登城の瞬間
諏訪高島城

天守閣には「現存」「復興」「模造」とあり、
復興はそこそこ、史料に基いて建てられたということ。
どうせ建てるなら湖のほとりにすりゃいいのに…と思う。
住宅街のど真ん中に突然現れる天守閣。もったいない。

高島城門
門

あもは城を見る時、門フェチなところがある。城門をくぐる瞬間は
たとえどんなにしょっぱい城でもやっぱりワクワクしてしまう。

天守閣から諏訪湖を眺めた瞬間
諏訪湖と天目山

本当はあのほとりに建っていたのよ。本当にすぐ湖だったのよ。
湖の向こうにうっすら見えるのは天目山。武田勝頼が自刀したところ。
裏切られ追い詰められあそこでねぇ…実際の山の中でもないくせに、
小説などで読み知っている勝頼の最期を妄想。…これも楽しみだしw


敷地内の諏訪神社
諏訪神社

戦国小説に名前が出てくることがあったよななかったよな…。

城めぐりをしていると、有名な名所になっている大物の城より、
地方にぽつーんと建っている城をめぐる方が大変。

何時間もかけて、復興のあのしょっぱい城だけ?
わざわざ行くの大変だからごっそり見たいよね。

家から次回わざわざ出張ることを考えれると近いので、
走ってみると結構な距離を移動して他の城も見てしまう。

高島城近辺には上田城や小諸城などが行ける範囲にある。
長野〜山梨にかけては小さい城がぽつぽつあるので、
こうした機会に少しずつ回れるところに行かないと、
城めぐりコンプリートは難しい。しょっぱい城や城跡を
かかんに攻めてこそ、真の城めぐら―といえるのだw

2時間近くかかるけど、山道を越え、上田城を目指すことに。

歴女人気ナンバーワンの底力を知る瞬間
上田城

真田ブームはあるけれど天守閣もないしょっぱい城の割に
何やらえらい人だかり。車とめるのも一苦労。
若いころ、池波正太郎の真田太平記を読んで以来、
ずっと来たいと思いながら立地が悪く機会がなかった。
やっと来たわよ!!池波正太郎記念館も見ちゃうわよ!!

と鼻息荒く来たのはいいけれど駐車で大変なロス。

唯一の見どころが台無しだった瞬間
見どころが台無し

歴女ブームで真田幸村は一番人気とは聞いていたが、
こんなに人気なの? ジジババ親子連れも超多いんだけど…

と思いつつ、真田城最大の見どころである門の前へ。
そこで知った衝撃の事実!! 真田出陣祭…Σ(゚Д゚)!ガビーン!

あもは行ったら絶対、門の正面をじっくり見るつもりだった。
それなのに正面どころか・・・歩く場所もないくらい…。

なんだよー真田幸村はゲームみたいなイケメン顔してないんだぞ!!

と心の中で意味不明な悪態をついてみるw

真田神社も大行列の瞬間
真田神社

真田神社で何を拝むのか知らないけれど、ここも大行列。
参拝には並ばず、そっと六文銭の旗だけ見て雰囲気を味わう('A`)

小諸城に行けばよかったと思われた瞬間
櫓

下調べなしで来たおかげでとんだ時間を食った挙句、
肝心な目的もほとんど果たせず小諸城はタイムアウトΣ(゚Д゚)!
だってまさか真田幸村祭りやってるとは思わないわよ…
未練たらしく見上げる櫓の前ではためく十勇士の旗が恨めしい。

これ知ってたら小諸城に直行で甲府経由で武田神社行けたのに!


今回の教訓:地味な城こそなめちゃいけない


次回は念入りな戦略と戦術を持って登城&攻略することとする。
しかし無念・・・
2009.09.27 Sunday 22:42 | - | - | あもの旅路 | 

岐阜リベンジツアー3

最終日は埼玉に戻りつつ小田原城を見にゆく。

前泊の堂が島温泉あせび野から海沿いに出て熱海へ。
思ったより時間も早いのでMOA美術館を寄ることに。

MOA美術館 案外分かりづらいところにあった瞬間
MOA美術館

熱海の山の上に建つ美術館。カーブの続く道を登っていくと、
突然、恐ろしく立派で凝った大きな建物が現れる。

名前は聞くけど案外、人がいなかった瞬間
MOA美術館外観

お盆休み中なのに駐車場はガラガラ。人もパラパラ…Σ(゚Д゚)!
MOA美術館って聞くことがあるからわりと有名だと思うんだけど。

とにかく設備にお金がかかっていた瞬間
庭も美術の展示場

ものすごい広い敷地。建物だけじゃなく庭も凝ってる。
私設?…というか公営じゃないようでお金のかけ方が違うらしい。
美術品を収集し、これだけの施設を維持管理する財源はいかに?
お金持ちが趣味でやってんのかしら…などと変なところに興味がw

黄金の茶室が再現されていた瞬間
黄金の茶室

なんの脈絡もなくw 秀吉の黄金の茶室は本などで見たことあるけど、
実際、目の前にするとお茶を飲む雰囲気ではないことが発覚Σ(゚Д゚)!
部屋の入口から中を眺めるだけで何となく落ち着かない感じがしてくる。

思わぬしてピカソやモディリアーニが見れた瞬間
アフリカの美

浮世絵や日本画が見たいと思って立ち寄ったところ、
「アフリカの美」という特別展示も期間限定で開催中だった。
ピカソやモディリアーニ、ミレーなどの有名芸術家に影響を与えた
民族のお面とか像といったアフリカの造形を鑑賞しましょう…
といった内容の展示。ピカソやモドリアーニの絵とインスピレーションを
得たと思われる造形が並べて展示され…あもには意味不明w
歌麿や尾形光琳はなるほど素晴らしいと思ったけれど。

尾形光琳の屋敷が移築されていた瞬間
尾形光淋屋敷復元

敷地内には日本庭園エリアもあり、尾形光琳の屋敷が移築されている。
岩あり苔ありの庭は手入れがよくされていて静かでいい雰囲気。

熱海城を見つけた瞬間
熱海城をのぞむ

山の上に建つ見晴らしのいい美術館から熱海城が見えた。
右手、海を挟んだ山の先端にポツーンと建っているのだが…
模造城でたいした見どころもないので今回はこれでスルーw

芸術を堪能したらお腹がすいた瞬間
磯料理うしお

せっかく熱海近辺をウロウロしているのでおいしい魚が食べたい。
海沿いでアジのいけすが目につく磯料理のお店に立ち寄ることに。

さしみ定食はアジが最高だった瞬間
さしみ定食

刺身もたたきもフライも塩焼きも・・・アジは大好き!!
ピクピクしている顔は見ないようにして肉厚の身を頂く。
刺身はもちろんだけど、ホタテの煮付けともずくもおいしかった。

小田原城に登城の瞬間
小田原城天守閣

戦国史の中で大きなエピソードを持つ城ではあるけれど、
北条家にいまいち興味が感じられず後回しになっていたので
近いのに今回やっと登城。あんまりグッと来ないけどw

RC鉄筋の復元天守閣。名古屋城と違いエレベーターはない。
中は戦国期の北条家から江戸時代の大久保家関連の展示。
なぜか全館撮影禁止なのでつまらないけど鎧をじっくり鑑賞。

天守閣から相模湾一望の瞬間
天守閣最上階

うーん…違う!! 岐阜城や犬山城で感じた何かとは違う!!
城から戦国視点で妄想するとなると海が見える素敵な眺望より、
支配地を感じられる広大な平野が見える方がやっぱグッと来る。
のんびりしちゃうよね。海眺めて潮風なんかに吹かれてるとw

今回の城めぐりツアーはこれでおしまい。

岐阜城リベンジも果たしたし犬山城にも登城したし、
次なる目標は国宝制覇を目指すべくラス1の彦根城。
2年以内に熊本城にも行かなけりゃだし…野望はつきないw
2009.08.29 Saturday 23:44 | - | - | あもの旅路 | 

岐阜城リベンジツアー2

2日目は名古屋城へ。
岐阜城で懲りたのでもっと人気がありそうな
名古屋城には万全の体制で一番乗りすることにw

開園前から並んで登城の瞬間
名古屋城登城

15分前に到着しチケット売り場が開くのを待ち構え登城。
それでもかなり長蛇の列ができていたのにはびっくりΣ(゚Д゚)!
人が並んでいて門の写真も撮れやしない!ので帰りに撮影した。

門をくぐっていざ天守閣へ!
いざ登城

名古屋城は太平洋戦争の空襲で焼けるまでちゃんと残っていた。
近代まで残ったものは写真や資料も多く完璧な復元が出来る。
貴重な品々もかなり燃えてしまったそうだが、空襲を警戒し、
重文クラスの美術品などは事前に避難させたため難を逃れたそうだ。

復元でもどことなく風格のある大天守閣
大天守閣

御三家筆頭の城だけあって威風堂々とした風格がある城。
でも、あもは名古屋城の瓦のカラーリングがなんだか苦手…。

戦火を逃れた櫓に妄想が始まる瞬間
戦火をのがれた櫓

城内には戦前に撮られた現存時代の写真展示も多数ある。
ほぼ完全復元だから天守閣も写真とほぼ同じなんだけど、
内部はRC鉄筋で展示スペースとなった今と違って当時のまま。
櫓の周りの石垣も名だたる戦国大名が積んだのかと思えば
御三家色の強い名古屋城でも妄想の翼は広がるばかりw

ザ・名古屋城だった瞬間
大天守閣と小天守閣

立派な大天守閣と隣接する小天守閣。手前では本丸の復元工事中。
せっかくのビューポイントだっつうのに積まれた資材が邪魔っけだ…。

濃尾平野独特の天守閣からの眺め
天守閣からの眺め

岐阜城、犬山城も同じ。高い建物に囲まれていないから、
殿様気分で当時とリンクしながら周囲を見渡すことができる。
この辺りの城はその気分を味わえることも魅力のひとつ。

伊豆堂ヶ島温泉 あせび野
あせび野

東名高速はまだ通行止めだけどナビを頼りに国道を避け、
渋滞知らずで焼津に入り、戻りながら伊豆まで快適ドライブw
4年前に泊ってとても気に入ったあせび野に2度目の宿泊。

ロケーションはやっぱり最高だった瞬間
あせび野ロビーからの眺め

山の中、うっかり見落としそうな道沿いにひっそり。
猫背川かな・・・建物のすぐ下が渓流で川の音しか聞こえない。
登る途中の本流域ではアユ釣り師が管釣り状態で入っていた。

ウェルカムおやつもこじゃれていた瞬間
ウェルカムおやつ

甘いものは好きじゃないから特にありがたくはないけれど、
こういう気配りをしてくれるのがいい旅館のよいところ。

子連れ狼だった瞬間
荷物を運ぶ乳母車

前はなかった気がするけど乳母車で荷物を部屋まで運んでくれる。
重いバッグ持たせて悪いな…と思うことがないのでとてもいい。

和風だけどどことなくおしゃれな室内
あせび野客室

広い和室に渓流が眺められるデッキ、露天風呂。
居室はもちろん、トイレも洗面所もモダン和風でしゃれてる。

食事処で夕ごはん
旬香団人倶 食事処

あせび野は部屋について世話を焼く仲居さんがいない旅館。
ゆっくりしてもらうため気を使わせないようにとの配慮らしい。
着いた時やら食事やら仲居さんがいると何となく気を使う。
だから食事も部屋ではなく個室の食事処が用意されている。

一心不乱に食べた瞬間
一心不乱に食べる

料理もすごくおいしいあせび野。見た目もとてもきれい。
旅館のロケーションや雰囲気と料理、あせび野はやっぱり素敵w

やっぱり完食だった瞬間
あせび野夕食

お椀と鱧しゃぶが特に最高!さすがにご飯は残したけれど・・。
ご飯だけを見ても「絶対にまた来たいなぁ」と思う。
高い旅館はいくらでもあるけどそう思うのって案外少ない。

渓流を眺めながら入る世古の湯
大浴場

大浴場の露天風呂。すぐ隣が渓流の横に長い大きなお風呂。
部屋にも露天風呂がついてるせいか人がいなくて貸切状態。
浮かんだり泳いだり場所をあちこち変えながらゆっくり堪能。

食べたら帰るちょっとさみしい瞬間
あせび野朝食

あせび野は旅館だけど和食と洋食を選べる。
噂によると洋食もとてもおいしいらしいけど、
旅館の朝ごはんが好きなあもは迷わず和食をチョイス。
脂の乗った肉厚なアジの干物、まぐろの山かけ。
煮物、だし巻き卵、あんかけ豆腐、サラダ…豪華!!

朝食を食べるといよいよチェックアウトになってしまうのが残念!

色々、行きたい旅館があるから同じところになんて
泊まることはないけれど、あせび野は3度目ありかなw

明日は小田原城に登城してから帰ります。
2009.08.23 Sunday 10:28 | - | - | あもの旅路 | 

岐阜城リベンジツアー

ゴールデンウィークに1度は登城を試みた岐阜城であったが、
あもはロープウェイの往復140分待ちに負け、涙を飲んで撤収した。
無念のあまり帰り道、山を見ては城が見えるという幻影に悩んだ。

だから今回の盆休みで不退転の決意でリベンジすることに。
東名高速の通行止めがなんだ! 1000円渋滞がなんだヽ(`Д´)ノ
夜中3時前に家を出て、中央高速をひた走ること5時間弱。
いくらなんでも開いてすぐなら待たずにリベンジかなうはず!

ついに金華山登頂成功の瞬間
金華山到着!

キャホー!! 1番乗り〜★ ロープウェイの始発で登ってやったわw
4組しかいない始発ロープウェイ。しかし山頂には人がそこそこ…
中高年が多いけど、もしや皆さん1時間半の登山コースで…Σ(゚Д゚)!

岐阜城を間近に眺めてみる瞬間
岐阜城リベンジがかなった!

ロープウェイ降りてすぐなのかと思いきや、案外、坂を登る。
坂の途中に木々の間から天守閣が見え隠れ。なにげに遠い。
あもが幻影まで見た山頂の天守閣、岐阜城。ついに来たわ=3

重要文化財 信長像の複製
信長像…複製

RC鉄筋造りの天守閣内は展示館になっていて信長関連のものも多い。
いちいち「複製」とついているので少しがっかりするけどw

朱印状と天下布武の複製
信長公の…複製信長公の…複製

複製っていってもしょっぱい人のはありがたみも薄いけど、
どこの何をした誰かはっきり分かるこのクラスなら妄想するには十分w

資料館の鎧に食いつく瞬間
資料館の鎧

あもは鎧や兜が大好き。超がつくほどのお金持ちだったら、
おしゃれ和風な家を建てて絶対にレプリカを飾りたいくらい!!
だからどこに行っても鎧があればジロジロ眺める。
鎧や兜は名前を見るとある程度の作りや雰囲気が分かるはずだが…

日本人でよかったとしみじみ思った瞬間
ブルーアーマーって・・・

紺糸威鎧…ん? ブルーアーマーΣ(゚Д゚)! 
はぁぁぁぁぁぁぁ〜なんて風情のない・・。
紺色の糸でつなぎとめられた鎧で、鎧が青いわけじゃないのに!!
外人さんにもちゃーんと鎧のことを説明してあげてほしい!!

信長公居館発掘中の瞬間
発掘中

安土城の発掘も進んでいますが、岐阜城もバリバリ発掘中の模様。
何かゆかりの濃い、歴史的価値あるものが出るといいのにw

埼玉県民には驚愕のモーニング
岐阜のコーヒー屋さんの朝食

朝食も食べず始発ロープウェイを待ったので下山したら空腹を覚えた。
ファミレスを探してウロウロしていると、混んでいるでかい喫茶店がたくさん。
興味を覚え入ってみると、コーヒー頼んだら朝食がただでついてくると!?

シンジラレナーイ!! 450円のアイスコーヒーにパン、サラダ、ゆで卵はただ。
プラス200円出してこのモーニングセットに格上げ。でも破格に安い!!
岐阜の方の人には当たり前らしいが埼玉人のあもは驚愕。
おまけにワッフルもスープもポテトサラダも冗談みたいにおいしいw

国宝犬山城が見えた瞬間
犬山城

清州城、小牧城、郡上八幡城…岐阜・愛知方面は見たい城が目白押し。
でもまず現存天守閣でしかも国宝の犬山城は見ておかなけりゃ!!
川のほとりの小高い丘の上に立つ犬山城、城らしい風情が素晴らしい。

門はたいしたことなかった瞬間
いざ登城!

何とか門のあった場所とかは残ってんだけどね。
入口の門は後付けだからまぁこんなもんですw

いざ登城!
参る!

松本城、姫路城、彦根城、そしてこの犬山城。
現存天守閣は12城あっても、意外なことに国宝は4つだけ。
これら4城は国宝にも関わらず太っ腹に中を見せてくれる。
犬山城も規模こそ小さいけれど年季の入った梁や座敷が見れる。
外観は同じようでも、RC鉄筋の復元天守閣とは風格が違うw

天守閣より濃尾平野を望んだ瞬間
濃尾平野を眺めてうっとり

高い建物があまりない濃尾平野は当時の雰囲気が感じられる。
行ってきたばかりの岐阜城が見えたら気分はもう戦国大名w
下界が緑と茶の色彩ばかりだった当時、はっきり見える城を見て
オレの領地だ…今度はあの城を落としたい…と野望を抱いたのだ!

水族館には目がなかった瞬間
名古屋湊水族館

清州や小牧、郡上八幡にもひかれるけれど中途半端に残すと
次来る時のコース取りが大変になるからね。まとめて残さないと…
というわけで名古屋港水族館にちょっと立ち寄ることに。

博物館かと思った瞬間
博物館?

入ってすぐ。イルカの水槽があったかと思ったら骨展示が大量Σ(゚Д゚)!
博物館じゃないかと思うくらいシャチやイルカ、クジラなんかの骨だらけ。

今度も海の神秘にかぶりつきだった瞬間
かぶりつき中

はいはい、ちょっとごめんなさいよ…

オバタリアン化進むアラフォー間近のとっくに三十路オーヴァー。
相手が子供じゃなければそりゃあ図々しさ全開よw

巨大なあいつが珍しくガラス間近でウロウロしているからつい…。

謎は深まるばかり…だった瞬間
ちびウミガメ 生後2週間長老ウミガメ

生後2週間 子供の手のひらサイズのウミガメちゃん。
一体何を食ってどう生きたらこんなメガウミガメになるのやら…

ホテルグランコート名古屋 スターゲート
グランコート名古屋 スターゲートディナー

遅い朝食に昼ご飯ノタイミングを逃してしまい、
水族館近くのフードコートでたこ焼き&天むすのおやつ。
味噌カツのお店も大行列の矢場トンしか見つからず。
夕食は名古屋だけど名物とは関係なくフレンチにw

晴れ女パワーで夜景が見えた瞬間
名古屋グランコートからの夜景

レストランに入った時にはガラスに吹き付けるほどのどしゃぶり。
夜景見えない分割引に・・・とせこいことを考えながら
窓を睨みつけていたらだんだん晴れて綺麗な夜景が見えたw

フレンチだけど気取らない居心地のいいお店でした。

明日は「尾張名古屋は城でもつ」の名古屋城に登城します!


2009.08.18 Tuesday 23:00 | - | - | あもの旅路 | 

歴史探訪食い倒れツアー2赦-岐阜城編

旅の2日目は伊勢から岐阜、下呂温泉へ。
特急

下呂温泉は飛騨の手前。岐阜からなかなか遠いので
岐阜駅に車をとめ、時間の読める電車に乗っていくことに。

特急が待ち切れなかった瞬間
岐阜駅

だってJRの特急は生まれて初めて乗るんだもの。
列車の旅は駅構内とか歩くのがめんどくさいけど
車とはまた違った旅気分が盛り上がっていいな!!

下呂温泉 月のあかり
月のあかり

足湯がついているのでさっそくおためし。
健康にいいというけど足湯に入るのも初めて。

熱湯コマーシャル?だった瞬間
下呂名物足湯

下呂温泉は有馬、草津と並ぶ日本三大温泉のひとつ。
そういや昔行った草津もお湯はやたら熱かった。
真冬の冷えた足じゃないのに下呂温泉もとても熱い!!
少し浸かっていただけで足が真っ赤になりました。

別腹発動確定だった瞬間
前菜と先付前菜盛り合わせアップお吸い物刺身

刺身にささっている花はにんじんで出来ている。
食べないものなのに虫ピン使って花を作って飾る贅沢。
もし家でやったら次の日は間違いなく味噌汁にリサイクルだw

あまごとの初対面は衝撃的だった瞬間
ご幣餅とあまご塩焼き

まだ本物のあまごを見たことがないあも。
こんな形で初対面することになろうとは!!
塩と焦げにまみれた赤い点…次回はぜひ川で('A`)

ご幣餅相手にかなりワイルドだった瞬間
かぶりつく女

小骨が苦手で丸焼きの魚を食べるのは得意じゃないあも。
本来、串を手に持ち、かぶりついて食べた方が似合うあまごは
うまいこと身だけはがそうとちびちび食べておきながら、
動物性でもたんぱく質でもないご幣餅にかぶりつく女Σ(゚Д゚)!

「ちまちま食べる女っておいしくなさそうでいやよ〜」

とか心の中で言い訳しつつ、我ながらひどいとほろ苦い思い少々w

後半に横綱級が目白押しだった瞬間
ほたて味噌焼き飛騨牛ステーキ冷たいトマト煮穴子焼きこしあぶらときゅうりえび詰め天ぷらマンゴープリンといちごシャーベット

飛騨牛うまーい!! 

ご幣餅の味噌がおいしくて中盤で完食してしまったため、
後半戦はかなりお腹がきつい状態に。でも肉はさらに別腹w
普段、牛肉を買うことはないけどご当地ビーフには目がないあも。
松坂牛もおいしかったけれど串焼きよりやっぱステーキは最高!!

朴葉みそがとても気に入った瞬間
朴葉みそ朝ごはん

松の実が入った朴葉みそ。この地方の名物だと聞いたけれど、
ご幣餅もそう、この辺りの味噌ってとってもおいしい!!

いざ岐阜城にむけ出発!!
下呂出発

なんか魚いるのかな〜と橋の下を眺めつつ下呂駅へ。
3日目は朝から岐阜に戻って岐阜城を目指します。

岐阜城の姿に興奮の瞬間
岐阜城付近

復元天守閣だけど信長ラブなあもにとってはおかまいなしw
もうすぐ間近で!!と思ったここから長い旅路が始まった。

突き当りを左折して公園駐車場まで延々と大渋滞。
岐阜城は岐阜公園内に入ってロープウェイで上まで登るので、
駐車場の回転がきわめて悪いらしく待てど暮らせど進めない。
あまりに進まないので戦線離脱し、離れた有料駐車場にとめ、
タクシーを止めてやっとの思いで岐阜公園へ。

まさかロープウェイ乗るのも相当待つんじゃないでしょうね…

行列がなくてほっと気を抜いた瞬間


ロープウェイ乗り場まで来て行列がないことにほっと一安心。
いざ登城!と張り切ってチケット売り場に行ったところ…


7 0 分 待 ち


…Σ(゚Д゚)! あも失神。


近くにいたおばちゃんが「降りるのも70分待ちですって!!」


…Σ(゚д゚|||)  再び、あも失神。


「馬の背といわれる急な登山コースなら30分で行けますよ」
でもそれ、中高年以上は禁止されてるほどすごいコースらしい。

この後も予定がある。予想以上の渋滞にはまったので
往復140分だの、往復死ぬ思いの60分など悠長な時間はない。
あも断腸の思いで岐阜城登城を断念…城めぐり初の負け戦。

後から聞いた話によれば今年、城は大人気で、
過去最高の入場者数を叩き出したらしい…。ブームっていやね。

織田信長居館跡も色あせてみえた瞬間
織田信長居館跡

岐阜城を間近に見てこその信長居館跡でしょ。
城も見てないんじゃ妄想も出来やしない!!
写真で見た城がすぐ手に届くところにあるのに!!
残念どころの話じゃない。まさに無念とはこのことだ。

未練たらしく山上を見やる瞬間
さみしい岐阜城

待ってろよ岐阜城!! あもは必ず戻ってくる!!

離れがたい思いで未練たらたら岐阜城を見上げる。
すでに頭の中で岐阜周辺一挙制覇の妄想をしながら…。

郡上八幡〜岐阜城〜清州城〜犬山城〜名古屋城…決まりだなw

危うく食いっぱぐれそうだった瞬間
馬喰一代

どうしても行きたかった飛騨牛専門店「馬喰一代」
城も見てないのに予定オーバーで着いたのはラストオーダー10分前!!
危なかった…城も見れない、肉もお預けじゃ辛すぎる。

焼き肉屋とは思えないお料理だった瞬間
前菜ほか飛騨牛タン塩野菜盛り合わせホルモン飛騨牛!!デザート

昼のコースは前菜6種にサラダ、寄せ豆腐、野菜盛り、肉にデザート!!
他にせっかくだからと飛騨牛のタン塩とホルモンも別腹用意で注文。

肉がおいしいのは当然として店員さんの感じもとてもよく、
肉以外のお料理もちょっとした料理屋さん並のおいしさ。
こんなお店が近所にあったら給料日は毎月間違いなく…。

決死の覚悟で特攻の瞬間
中央道大渋滞

15時半、岐阜出発。中央高速は大月からお約束の大渋滞。
あまりに進みが悪いのでお疲れ気味のお父さんウォッチングw
自宅到着は22時。岐阜城で粘ったら危うく午前様だった…。


城めぐりはいい!!おいしいものが食べられる旅はいい!!
次の旅路を楽しみにまた日々の戦場でがんばらなきゃねw


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2009.05.11 Monday 20:16 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

歴史探訪食い倒れツアー伊勢神宮編

午後からは江戸時代も庶民垂涎の伊勢神宮に参拝。
外宮を参拝してから内宮へ行くのがセオリーらしいけど、
渋滞+駐車場満車+強行日程のためのんびりしてられず、
ターゲットを名物横丁のある内宮に絞っていざ参拝開始!!

がびーん・・工事中だった瞬間
工事中

正面の入口にあたる大きな橋は残念ながら架け替え中。
鳥居もくぐれず豪勢な橋も渡れず出鼻をくじかれる。

雰囲気が出なかった瞬間
仮橋から参拝

仮設鳥居がなんだか妙にさみしー!! 仮橋もチープ!!
橋も隣で作ってるアールのついた橋とは違うただの平らな橋。

…ま、ま、半分は名物横丁のうまいものにつられ、
よく調べもしないで来たんだから仕方がないw

気を取り直して参道をゆく瞬間
人多い

広い広い参道なのにどっからこんなに人が!!
お年寄りからヨチヨチ歩きの赤ちゃん、カップルまでわんさか。
伊勢神宮はあもが思った以上に超人気観光スポットらしい。

何となくお参りしちゃった瞬間
参拝

明治神宮とかあもが知る有名な神社って拝殿がとても大きい。
でも伊勢神宮の内宮のお参りするところはとっても小さく、
人の流れに乗って到着し、人の進むまま狭い入口を入り、
すし詰め状態で賽銭箱の前に着いてそそくさと参拝終了。

拝殿の回りは向こうが見えないよう高い壁がまわしてある。
賽銭箱から離れて壁にへばりついて中をのぞく人を見て、
中に神様の御座所があるメインの拝殿だったことに気づく!!

塀がよく出来ていて下から除くと地面しか見えず、
上は背伸びしても見えない高さ。塀から離れるとやっと
中の神様がいるという建物の屋根だけが見える感じ。

メインの参拝を何となくすませてしまったので、
天照大神のところでは丁重に2礼2拍手1礼しておきましたw

名物にかじりついた瞬間
たこ棒

神社マニアではないので参拝が終われば広い伊勢神宮、
細かい場所に食いつくより名物を食べなけりゃ!!
あもはテレビで見たさつま揚げみたいなのが食べたかった。
この後、すぐお昼ごはんを食べるのを分かっていて、
あえて楽しみにしていたでっかいたこ棒にかぶりつきw
たこがごろごろ入っていて思ったとおりおいしかった!!

赤福本店
赤福本店

甘いものは苦手なあも。平素、甘いもの屋に用はないけど、
みつ姉とわた兄が赤福好きということで地方発送してもらう。
…ところで赤福って何? あんこついてるけどおはぎか何か?

お店の名前が「とうふ屋」だった瞬間
寄せ豆腐御膳穴子炭火焼

横町を入ったところにある豆腐料理のご飯屋さん。
メニューは豆腐と穴子しかない。2時近いのに大混雑。
たこ棒を食べたのに寄せ豆腐&穴子炭火焼きを完食w

松坂牛も食べちゃった瞬間
松坂牛くし焼き

とうふ屋さんを出て駐車場に向け歩くこと数百メートル。
松坂牛の串焼きの店をみかけせっかくだから…と1本注文。
もちろん完食!!あもはたぶんグルメレポーター出来ると思うw

大王灯台 驚愕の高さだった瞬間
大王灯台

初日は伊勢志摩泊。旅館の近くの灯台に行ってみる。
ぜえぜえしながら灯台の中の狭い階段を上り、見晴らし台へ。

…風つよー!!

ただでさえ高所恐怖症でおっかなびっくりだっつうのに、
あまりの強風でびびって手すり沿いになんてとても立てず。
灯台にへばりついていたら小学生がジロジロ見て笑って行きました…。

失神寸前だった瞬間
失神寸前

ああ、もう無理。灯台プラス崖下分の高さおそろしすぎる。
あもの高さの怖さの尺度は命の保証がされるかされないか。
落ちても骨折くらいで済みそうな2階くらいは怖くない。
でも落ちたら確実に死が待っていそうな高さは絶対だめ。
即死じゃなくとも流されて助かる見込みがなさそうとかも無理。

もう耐えられなかった瞬間
緊急避難

大人6人くらいで手がつなげそうな狭い見晴らし台に人いっぱい。
心もとない手すり、おまけに超強風…生きた心地もしなかった。
通る人のほとんどに半笑い又は不審な顔をされたけど仕方ない…。

海とは思えなかった瞬間
リアス式海岸の風景

リアス式海岸…何度か見たことはあるんだろうけど、
入り組みすぎな伊勢の風景は海とは思えない。
緑が海岸近くにあって湖と言われても納得しそう。
海のない埼玉で暮らすあもにとっては不思議な風景。

伊勢えびちゃんとご対面の瞬間
伊勢海老刺身

待ってました!! 伊勢えび生き造り!!
あもはしゃこは嫌いだけどえびとかには大好き!!
伊勢えびの刺身は人生で2度目。1匹食べるのは初めて!!
図体がでかいわりに食べるとこ少ないのが残念すぎるけど
刺身はやっぱりとてもおいしい。焼くと縮むから刺身一番w

あけぼの焼きで登場の瞬間
伊勢えびあけぼの焼き

えびのみそとマヨネーズを混ぜたのがかかった焼き物。
焼いた伊勢えびは刺身には負けるけどこのソースがおいしい!!

お腹はちきれコースだった瞬間
あわび踊り焼きえびしんじょ里芋まんじゅうステーキ鯛めし先付け 前菜

まだまだダイエット中だけど旅の間はそんなの解禁。
気にしてちゃつまらない。今日も別腹発動で完食Σ(゚Д゚)!

晩の名残りを…
朝ごはん

舟盛の鯛は頭は兜煮で、伊勢えびの残骸はみそ汁に。
翌朝、こういう風に出ない旅館がたまにある。
あもの鯛の頭は…えびの残骸はどうした、ド゙ン!
今回は首をかしげながらの朝食にならずよかったw

ナビタイムの渋滞予想は3日以降増えるばかり。

伊勢志摩周辺も見どころがたくさんあるけど
渋滞の中、伊勢から埼玉直行の帰路はつらい。
2日目は岐阜に戻って信長ゆかりの城を目指します。


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ



2009.05.08 Friday 20:52 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

歴史探訪食い倒れツアー^鵬貍緻郛詈

あもは登城と歴史探訪も趣味。ご当地グルメにも目がない。
だから長期休暇は釣りを始めた今も強行日程の旅に出ちゃう。

今回は前から狙っていた伊勢志摩。伊賀上野城も行けちゃうし、
江戸庶民も憧れた伊勢参りして、伊勢えびなんかも食べて…

三重県までは通常、車でおよそ6〜7時間らしいけど、
ナビタイムの予想は東名高速ルートで朝から30キロ渋滞…驚愕!!
行く前から渋滞なんかに時間とられちゃかなわないので、
前日、夜中の12時に中央高速に乗り、夜通し走ることに。

睡眠不足をもろともせず颯爽と登城の瞬間
伊賀 上野公園到着

伊賀上野城は市内の中心部、上野公園の中にある。
朝6時に着いたので公園横づけで仮眠をとって開園待ち。
2時間も寝てないけど城を眼の前にアドレナリ大放出!!

今回も登城はえらそうだった瞬間
伊賀上野城に登城

行ってみたいという憧れから実際に行くことになるまで
資料を見たり、写真を見たりして思い入れ強く登城するので
「なるほどね〜これがね〜」などとついじろじろガン見になる。
現存だろうが復元だろうが城は何たってまず、外観が命。
自分が銅像になったような感じで腰を据えて見てしまうのだ。

高虎くんがお出迎えだった瞬間
藤堂高虎くん

伊賀上野城は関ヶ原の後、藤堂高虎が入った城。
藤堂高虎は何人も主君を変え、秀吉に仕えて出世したけど、
秀吉が亡くなると関ヶ原では家康について22万石の大名に!!

ドラマや小説だと裏切り者的な扱いをされることが多いけど、
文武両道で茶の湯や能楽も嗜む文化人。内政も出来て築城名人。
外様大名なのに家康に譜代格で重用されたあたりタダモノじゃない。
詳しく知ると面白い武将であもは案外、好きだったりする。

いったい何をする気なのか首をひねった瞬間
秀吉愛用の兜

秀吉が実際に戦でかぶった兜を高虎くんがもらった模様。
…って秀吉はさ、何でこのデザインを? 何する気なの?

「これをやるからお前も戦場でかぶれ!」

こんなこと言われてたらありがた迷惑で困るよねぇ・・。

年季の入った鎧もたくさんだった瞬間
藤堂家の鎧

鎧はなかなか年季の入ったやつが9領も展示されていて、
毎度のことだけど思わず立ち止まり空想に思いを馳せる。

さらに空想にひたる瞬間
軍扇とか

軍扇…立派な鎧の大将がサッと振ると軍団が動いちゃうのよ〜
ドラマで信玄とかがやるじゃない? 無言でサッと…かっこいい!!

本物の石垣に驚愕の瞬間
高石垣

お城に行くと必ず石垣も見るけど伊賀上野城の高石垣もすごい!!
堀の水は後から入れたのか知らないけどこんなに高く積んで・・。
隙間もなくぴっちり。重機もない時代に本当にすごいと思う。

やっぱりへっぴり腰だった瞬間
高石垣をのぞく

高所恐怖症のあもにはとっても覚悟のいる高さ。
先端まで行かなくても足がガクガク…のぞくのはとても無理。

低い石垣で忍者体験だった瞬間
忍者気分でよじのぼってみる

忍者は石垣を登れるのか!!…公園内の普通の石垣で実験。
素人でも意外と登れるもんだけど、高いとこまでは怖くて無理か。

忍者屋敷の実演に目が点だった瞬間
忍者屋敷実演

伊賀上野城の隣には忍者屋敷と博物館、体験館がある。
忍者屋敷ではいくつかのからくりを実演で見せてくれる。

「忍者は大事なものほど外に置いて隠しました」
「忍者はいざという時、隠し扉から外に脱出しました」

いかにもドラマや映画で見るような「忍者」のイメージで
当たり前にたんたんと説明されるのが面白いw

忍者グッズもりだくさんだった瞬間
忍者体験館

あもも思い描くのは影の軍団とかのようなすご腕忍者。
本物の忍者もあんなイメージだといいな〜と思いつつ、
色々な本や資料を読んで知識を得てしまっている今、
ドラマの忍者の活躍は誇張と知る大人の辛さ…夢がねー!!

でもイメージどおりじゃなくても事実、忍び集団はいて、
見たことのある道具や似たような術を使っていたと思えば
やっぱり歴史好きとしては思うところあるわけで・・。

着てみたいー!!心ひそかに熱望だった瞬間
忍者博物館

あもは衣装とか着せてもらう○○体験とかけっこう好き。
以前、京都の映画村でも1万払って芸者になったことがある。
SAS英国特殊部隊を見ればコンバットスーツ体験をしてみたいと思い、
忍者を見れば忍者装束をしてみたいともこっそり思う。

ここ伊賀忍者村でも観光客に着せてくれるサービスがあるらしく、
カメラやリュックをしょった怪しい忍者がうろうろするのを目にした。
あもは着て観光するんじゃなく着て影の軍団体験とかしたいw

と忍者装束のケースの前で妄想していると様子のおかしいのが…。

ちょっとあなた、外人じゃないの!!
外人忍者!

そんな子供らしい無邪気な瞳で見つめたってだめ!!
外人だってことはあもにはお見通しなんだから!!

手裏剣に激しく食いついた瞬間
手裏剣に食いつく

手裏剣の展示ケースを前に、また妄想開始。

ハットリ君の伊賀手裏剣だ!!
うわ、これ痛そう…。
懐にしまうの不安よね…。

殺傷能力は低そうだけど刺さりどころによっては危ない。
周囲に刃がついているのでかすってもパックリ行きそう。

投げ方の図なんかも真剣に見ちゃったりw


こうして午前中は伊賀上野城を満喫!!
午後はいよいよ伊勢参りとしゃれこみます。


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2009.05.06 Wednesday 14:27 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

本気で銭洗いする女

有休消化でお金を洗いに鎌倉に行ってきた。
晴れ女の執念も空振りでざんざん降り。おまけに寒い!!

諭吉さんの寒さは気付かないふりだった瞬間
銭洗弁天にて

鎌倉に銭洗いを目的に来るのはあもくらいだろう。フフ‥。
小町通りになんか目もくれず何はともあれ銭洗弁天にまっしぐら。
寒いと大騒ぎしながら、諭吉さんには容赦なく水をぶっかけるw

かなり念いりだった瞬間
必死に洗う

札はいっぱい洗うと乾く時、くっついちゃうからね。
あもはこの1枚をざぶざぶ洗って大事に取っておくんだから。
小銭を洗ってる隣の人に負けないようジャバジャヤ水をかける。

お祈りもかなり念いりだった瞬間
必死に拝む!

給料減ったりボーナス大幅カットになりませんように…(切実)
こんな時代だから、お金がたくさん貯まるようにとかより、
入るものが減らずにしのげるよう願うのが堅実な気がw

念には念をいれお守りもゲットした瞬間
お守りゲッツ!

小判の入ったお守り300円なり。火打石で祈願してくれる。
それをおもむろに財布の中へ…お守りで財布が膨らんだw
地味に種銭として活躍してくれることを激しく希望!!

参道の様子も寒かった瞬間
鶴岡八幡宮

屋台とか並んで人もいっぱいいるはずの鶴岡八幡宮。
雨はざんざん振ってるし、彼岸を過ぎたと思えぬ寒さだし。
せっかく寄ってみたから早歩きで本殿目指してまっしぐら。

雨に煙る眼下にブルーな瞬間
雨でブルー

朝の天気予報は午後からパラパラ程度って言ってたのに!!
あもは耐えられず500円で傘を買ってしまった。無駄遣いΣ(゚Д゚)!
まりえちゃん!!(テレビ朝日のお天気お姉さん)でもかわいいから許すw

ご当地ビーフは逃せなかった瞬間
葉山牛

新鮮な魚介と迷ったけれどご当地ビーフ葉山牛を頂くことに。
とてもおいしかったけど、あもの中では神戸牛が未だナンバーワン!

江ノ島初上陸の瞬間
江ノ島上陸!

前にも1度チャレンジして渋滞に負けて見ずに帰った江ノ島。
やっと念願の初上陸!!最大の目的は焼きはまぐりw
その前にちと散策と思ったけれど甘く見ちゃいけない江ノ島。
歩くと広いー!!起伏激しいー!!疲れちゃうー!!

で、さっさとエスカーに乗った瞬間
エスカー最高!

300円で3回乗ったらすぐてっぺんですよw エスカー最高!!
これがなかったら足腰弱いジジババに観光は無理と思われる。

遅ればせながら晴れ女の執念発揮だった瞬間
岩窟へ

いい加減、傘うざーっ!!と思っていたら晴れましたw
エスカーで楽をして上り、坂を下りて岩窟に向かいます。
テレビとかでよく見る江ノ島名所!!晴れたしルンルン♪

でもすぐに微妙&憂鬱になった瞬間
微妙・・

ろうそく持たされて「いってらっしゃい」なんて云うから
どんだけ奥が深いのかと期待していたらすぐ行き止まり・・。
おまけに何があるのかと思えば変な石仏が並んでいるだけ。
由緒あるわけじゃなさそうな観光用に置いた風が微妙。

そして岩窟を出てやっと気づいた帰り道のこと。
えーーーっ!!もしや来た道を自力で上って?
しかもエスカーで上った分も歩いて降りるとな?…Σ(゚Д゚)!

長い急な坂を傘を杖にゼエゼエ言いながら登っていたら、
降りてきたおじじに遠慮なく声を出して笑われた。
ふん、何さ、おじじだって帰りはこうなるわよヽ(`Д´)ノラー!

小さいくせに起伏があって奥が深い。江ノ島あなどれん!

焼きハマグリ最高!!
焼きハマグリ最高!

手のひらくらいでかいやつ。1個800円(((( ゚Д゚))))ガクガク
高いよね、高いけど、埼玉じゃ食べられないから思い切って。
頼んで待つこと5分。ふっくらぷりぷりでジューシーでうまい!!
これだけで江の島に来た甲斐があったというものよw

バーチャル竜宮城だった瞬間
新江ノ島水族館

せっかくなので新江ノ島水族館にも寄ってみた。
あもは動物園も好きだけど水族館はもっと好き。
その辺の子供と競って水槽にベタで釘付けになるw

おいしそうな子ゾーン
おいしそうな子ゾーン

鯛でしょ、かんぱちでしょ、それにとらふぐでしょ。
あもの好きなネタばっかりΣ(゚Д゚)! 豪華な水槽です。

きもかわいい子ゾーン
キモい子ゾーン

ギョーーΣΣ(゚д゚lll)!! ぬるにょろ系は嫌い!!
でもあいてるのにわざわざ密集しておさまってるとこ、
ちょっときもかわいいw とぼけた顔が何とも言えないw

大好物ゾーン
大好物ゾーン

沢ガニはノーサンキューだけど、海のカニは何でもオッケーですぞ!!

キモイ子ゾーン再び
キモい子ゾーン再び

新江ノ島水族館はくらげが充実しているw
他よりも種類も多いし変わったやつも多い。
中でもこやつ、水槽でかさ、グロさ、ともにナンバーワン!!
いろんなものひきずっちゃって…きもいー!!

といいつつかぶりつきだった瞬間
でも凝視

隣の子供以上にものすごい食いつき方でw
くらげ見ても癒されないけど何だか不思議で。
別に動かなくてもいいじゃないかとか、
何でこの姿かたちなんだろうとか思っちゃう。

ショーより練習の方がある意味面白かった瞬間
いるかショー練習中

いるかショーのタイミングが合わなくて残念・・と思っていたら
プールでショーの練習している風景を見ることができた。
食べてばっかの子、練習じゃやる気の出ない子、
練習なのになんでそんなに全力?みたいな子…
ショーは他で見たことあるし、こっちのが面白いかもw

視線の先が気になった瞬間
いったいどこを?

みんな揃っていったいどこを何を見てる?
完全なガラスの中にいるペンギン、視線の先に何もないのに
身を乗り出しちゃってる子なんかもいて何気にうける!!

かにを見たら食べたくなった瞬間
かに!

実はあも、今日を境にダイエットをすることに決めている。
最近、ストレスだ、今日だけだと言いながら食べ過ぎていた。
気づかぬふりをしていたら「ふっくらした?」とメールが。
もう見て見ぬふりは許さない!!薄着になる前に何とかせねば。

ということで昼の葉山牛に続き、豪勢に最後の晩餐。
あもは明日から禅僧のように厳しい修行に励む(予定)

思いがけず平日の休みを満喫。平日はすいてていいなw
釣りでもこんなガラガラが時には体験出来るといいけれど。
洗った諭吉は乾かして家の引き出しにそっと保管ですw

〜週末は体重計を買いに行きます=3=3=3(かなり鼻息荒っ)


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2009.03.26 Thursday 22:01 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

城巡り弾丸ツアーゲ崎城編

あんなに食べて寝たのにお腹が空いて目が覚めたΣ(゚Д゚)!

旅館の朝食はうまい!!少しずつ色々が嬉しいw
朝食

豆乳豆腐と地鶏の八丁味噌煮込み
豆乳豆腐地鶏の八町味噌煮込み

腹ごしらえが済んだら横になりたい気持ちを抑え、
さっさと、とっととファイナルキャッスル、岡崎城へGO!!

ちなみに今回のサブタイトルは「家康館に行け!!」ですw

またまたぶーたれ気味だった瞬間
岡崎城に登城!!

こりゃ思っていた以上に築浅物件だった!!
おまけに何の前触れもなくいきなり天守閣がどーんΣ(゚Д゚)!
えーっ、遺構とか何もないの?・・・明治政府のバキャー!!

何だか迫力が足りなかった瞬間
いまいち迫力が足りません

幼少期を人質として今川や織田の下で過ごした家康は
桶狭間合戦の後、今川から独立して信長と同盟を結び、
浜松城に移るまでのおよそ10年、この城にいた。

園内には家康が生まれた場所も産湯の井戸も残っている。
復元された天守閣もほぼ当時のままの姿が再現されている。
でもねぇ、神君出生の城としては何か地味地味しいのよ!!

城の規模としては日本で4番目だったらしいし、
廃城寸前の古い写真を見ると案外いかす城なんだけど
今となっては櫓もなけりゃ、移築門、土塁もなし。
本当にぽつーんと立った天守閣しかないからねぇ・・。

中もリノリウムの床にエアコンがキンキン。展示品も地味め('A`)
おまけに天守閣からの眺めもかなり悪いの・・。

忠勝君の銅像発見で急激に上がった瞬間
本多忠勝君

徳川四天王の1人、本多平八郎忠勝。
生涯57回出陣して1度も傷を負わなかった忠勝君。
加藤清正、真田幸村と並んであもの好きな武将♥
武将は心身ともに強くて、ずるさなく賢くなけりゃ!!
ちゃんと鹿角脇立兜(かづのわきだてかぶと)かぶってるw

「三河武士のやかた 家康館」に期待が募る瞬間
三河武士のやかた〜家康館

まぁ、いわゆる展示館なんだけど結構お金がかかっている!!
レプリカが多いけどかなり精巧。研究するわけじゃなし、
本物でも名もなき人の資料より、レプリカでも有名な資料を
間近で見られる方が何となくありがたみがあるというものw

家康軍団の着ていた鎧はあるわ、刀はあるわ、
三方が原で負けた家康が己の戒めにするため
逃げ帰った惨めな姿を書かせたという画はあるわ・・・

決戦!関が原に超ツボった瞬間
決戦!関が原

三面屏風ビジョンとジオラマが合体した「決戦!関が原」
ナレーションに合わせてスクリーンのイメージ映像とジオラマシュミレーションが
合戦の様子を再現してくれるハイテク解説システム。専用パンフあり。

家康が本陣を前進させている瞬間
決戦!関が原

押され気味の東軍の志気を高めるため前進したところ。
この後、小早川隊が西軍の横っ腹に突っ込みます。
軍団フィギュアが動く時は必ずルートが電飾で示してくれる。
関が原は布陣図を片手に何度も本を読んだけど、
こんな分かりやすいならもっと早く見ればよかったw

鎧の違いはやる気の違い?
やる気の違い?

左が忠勝君愛用の黒糸威胴丸具足。
軽さ重視は傷を負わない男の自信の証!!
右が家康君の本金箔押大人当世具足。
若い頃の鎧ではあるけれどスタイリング重視すぎ?

現存している本物は国の重文だからもちろんレプリカだけど、
こんなの着て馬上で名槍「蜻蛉切」を振り回してたのか〜
と思うと想像もより膨らんじゃったりするわよねぇw

・・・もう、お気づきの方も多いと思いますが、
実はあも、家康はあんまり好みじゃありませんw
あもは信長風の駆け抜けるような生き様が好きなの。

忠勝君の蜻蛉切にびっくりだった瞬間
蜻蛉切

体感ゾーンでは重さ、大きさを再現したものが触れる。
刃先に止まった蜻蛉が2つに切れたことからこの名がついた。
もちろん持ってみたけれど片手じゃすぐに腕がプルプル。
柄だって丸めた新聞紙くらいの太さはあるし、
短めだっていう槍身だって振り回すにはかなり重い。
縦に持っただけでもそう思うのに横にして持ったら・・・
突き出したり、ブンブン振り回したりしたら・・・腕もげる!!

またまた体感しちゃった瞬間
首折れる

岡山城大名駕籠に続き、堂々と体感するとっくに三十路オーヴァーΣ(゚Д゚)!
兜をかぶり、刀まで持っちゃってやる気マンマンか!!と思いきや、
衝撃的な兜の重さに一瞬で困り顔。おまけに刀も重いのよね。

こんなのかぶって鎧着て、その上、槍や刀を振り回すだなんて!!
もっとちゃちい装備だとしてもあもには雑兵すらなれないと思った。

家康君の銅像には後から気付いた瞬間
家康君みっけ

不遇な時代を経て出世した家康君、銅像で帰還です。
・・・ってすいませんねぇ、どうもスイッチ入りづらくってw

色んな意味で深かった瞬間
家康の遺訓

家康の遺訓。後から作られたって話もあるけど言いえて妙。
素直に読んでもなかなか深い。穿って読んでもまたまた深い。

天下も女も望みまくっていたと思うのだけれど・・・Σ(゚ロ゚;)!
たぬきおやじとしての戦略と人としての生き様は別なようですw

人の一生は重荷を負って、遠き道を行くが如し
急ぐべからず、不自由を常と思えば 不足なし
心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え
勝つことばかり知りて、負くるることを知らざれば
害その身に至たる、己を責めて人を責めるな
及ばざるは過たるより勝れり


あもは・・心に望み起こらば清水ジャンプΣ(゚Д゚)!
急ぐべし、不自由にも耐えられなーい!!

・・・出世の期待は全くないと見ましたが。

城外へ使いに出る体力もなく、戦においては雑兵も無理。
のん気に歴史ロマンを妄想してられる現代人でよかったぁw

2泊4日の城巡り弾丸ツアーはこれにて終了。

帰りに東名でスルーする浜松城、掛川城をロックオンしつつ、
今回は西国メインで充実していたなぁと悦に浸っていたら
「武蔵、甲斐、駿河完全制覇!!」と城友より緊急入電が!!

むむ・・なかなかやるわね。
しかも武蔵とは灯台下暗しΣ(゚Д゚)オーマイガー!!

さてさて次はどこに登城しよう? あものリアル国盗は続くw


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ

2008.08.16 Saturday 22:19 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 
 | 1 / 2 PAGES | >>
キャッシング