<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
OTHERS
<< 入門のために読んだ本 | main | リバーランズスルーイット >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.20 Sunday  | - | - | - | 

会社でノット練習

普通に暮らしてたら糸や紐の結び方なんて
かた結びかちょうちょ結びしか知らないじゃない?

フライやると船乗りみたいに○○ノットとか
結び方も色々知らないといけないらしい。

ユニノット サージャンズノット クリンチノット・・・あと何だっけw

入門書には結び方が載っているけど
糸がそれぞれのノットを作る輪になって
ギューッとする前段階の図や写真だけがどーん!!

・・・わかりづらいんですが。

糸を結ぶのだから当然、左と右がある。
どっちがどこで下なのか、上を通るのか
そっからジロジロ見なくっちゃ分からない。

まず、あもは1番簡単そうなユニノットを練習。
家で毛糸を使って結びを作るところの手順を覚えた。

寝たら忘れちゃってるかもしれないから
朝、起きてご飯を食べながら本を見ておさらい。

そして会社で・・・

机からおもむろにゼムクリップを取り出し、
さりげなーくもらってきた綴じヒモを使い、
電話中などにせっせ、せっせとユニノットの練習。

ギューット結んじゃうとすぐ終わっちゃうから
その手前でやめてほどいて何度も練習。
クリンチノットもこうやって覚えた。

サージャンズノットを練習する時は
家から色違いの毛糸を2本持って行き、
電話中にせっせと輪を作る練習。

手元に集中しながらやってると
怒られちゃうかもしれないから
PCモニターを見てるふりをしつつ

あくまで手持ち無沙汰でやってんのよ〜風を
装うことも忘れてはならないw

おしおしおーし!!結び方は覚えた!!

だが問題はこの後。

果たしてフライのあの小っさい穴を使って
毛糸より固く、出来る輪も極小のティペットを
実際に川でサッと結ぶことが出来るのだろうか?

( ̄へ ̄|||)ウーム 疑問だ・・・

まだまだ練習が必要。

2007.05.11 Friday 00:51 | - | trackbacks(0) | あもの入門記録 | 

スポンサーサイト

2011.03.20 Sunday 00:51 | - | - | - | 
キャッシング