<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
OTHERS
<< 岐阜リベンジツアー3 | main | だって…敵は己の中にあり >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.20 Sunday  | - | - | - | 

諏訪高島城に登城!

諏訪高島城に登城!
諏訪高島城

元々は戦国時代からある城で、当時は諏訪湖のほとりにあった。
葛飾北斎が書いた絵を見ると、本当に湖岸ぎりぎりに建っていて、
水の中に浮いているように見えることから「浮城」と呼ばれた。
この角度で写真を撮ると当時の風情があるようだが、実は湖遠い('A`)

諏訪高島城登城の瞬間
諏訪高島城

天守閣には「現存」「復興」「模造」とあり、
復興はそこそこ、史料に基いて建てられたということ。
どうせ建てるなら湖のほとりにすりゃいいのに…と思う。
住宅街のど真ん中に突然現れる天守閣。もったいない。

高島城門
門

あもは城を見る時、門フェチなところがある。城門をくぐる瞬間は
たとえどんなにしょっぱい城でもやっぱりワクワクしてしまう。

天守閣から諏訪湖を眺めた瞬間
諏訪湖と天目山

本当はあのほとりに建っていたのよ。本当にすぐ湖だったのよ。
湖の向こうにうっすら見えるのは天目山。武田勝頼が自刀したところ。
裏切られ追い詰められあそこでねぇ…実際の山の中でもないくせに、
小説などで読み知っている勝頼の最期を妄想。…これも楽しみだしw


敷地内の諏訪神社
諏訪神社

戦国小説に名前が出てくることがあったよななかったよな…。

城めぐりをしていると、有名な名所になっている大物の城より、
地方にぽつーんと建っている城をめぐる方が大変。

何時間もかけて、復興のあのしょっぱい城だけ?
わざわざ行くの大変だからごっそり見たいよね。

家から次回わざわざ出張ることを考えれると近いので、
走ってみると結構な距離を移動して他の城も見てしまう。

高島城近辺には上田城や小諸城などが行ける範囲にある。
長野〜山梨にかけては小さい城がぽつぽつあるので、
こうした機会に少しずつ回れるところに行かないと、
城めぐりコンプリートは難しい。しょっぱい城や城跡を
かかんに攻めてこそ、真の城めぐら―といえるのだw

2時間近くかかるけど、山道を越え、上田城を目指すことに。

歴女人気ナンバーワンの底力を知る瞬間
上田城

真田ブームはあるけれど天守閣もないしょっぱい城の割に
何やらえらい人だかり。車とめるのも一苦労。
若いころ、池波正太郎の真田太平記を読んで以来、
ずっと来たいと思いながら立地が悪く機会がなかった。
やっと来たわよ!!池波正太郎記念館も見ちゃうわよ!!

と鼻息荒く来たのはいいけれど駐車で大変なロス。

唯一の見どころが台無しだった瞬間
見どころが台無し

歴女ブームで真田幸村は一番人気とは聞いていたが、
こんなに人気なの? ジジババ親子連れも超多いんだけど…

と思いつつ、真田城最大の見どころである門の前へ。
そこで知った衝撃の事実!! 真田出陣祭…Σ(゚Д゚)!ガビーン!

あもは行ったら絶対、門の正面をじっくり見るつもりだった。
それなのに正面どころか・・・歩く場所もないくらい…。

なんだよー真田幸村はゲームみたいなイケメン顔してないんだぞ!!

と心の中で意味不明な悪態をついてみるw

真田神社も大行列の瞬間
真田神社

真田神社で何を拝むのか知らないけれど、ここも大行列。
参拝には並ばず、そっと六文銭の旗だけ見て雰囲気を味わう('A`)

小諸城に行けばよかったと思われた瞬間
櫓

下調べなしで来たおかげでとんだ時間を食った挙句、
肝心な目的もほとんど果たせず小諸城はタイムアウトΣ(゚Д゚)!
だってまさか真田幸村祭りやってるとは思わないわよ…
未練たらしく見上げる櫓の前ではためく十勇士の旗が恨めしい。

これ知ってたら小諸城に直行で甲府経由で武田神社行けたのに!


今回の教訓:地味な城こそなめちゃいけない


次回は念入りな戦略と戦術を持って登城&攻略することとする。
しかし無念・・・
2009.09.27 Sunday 22:42 | - | - | あもの旅路 | 

スポンサーサイト

2011.03.20 Sunday 22:42 | - | - | - | 
キャッシング