<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
OTHERS
<< A型で準備 | main | 初めての管釣り(後編) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.20 Sunday  | - | - | - | 

初めての管釣り(前編)

8月1日。管釣りにてデビュー2戦目。
いよいよ初めての一匹をと思っていたが。


つ、釣れない ΣΣ(゚д゚lll)!!


タックルを手にしてから約2ヶ月、そしてデビューからおよそ1ヶ月。
ブートキャンプで体力づくりをし、日々、コツコツと練習も続けてきた。

だが。

数メートル後ろにあるロープを釣ること2回('A`)
後ろに植わった低いツツジを釣ること3回('A`)('A`)
三十路(自分)を釣ること数回('A`)('A`)('A`)


あものバキャー!! ヽ(`Д´)ノ


そして。

カディスをつけてもマラブーをつけても釣れないΣ(゚Д゚)!
運よくいいところに投げられてもプイッとそっぽ向かれるΣ(゚ロ゚;)!
見かねた師匠に浮きをつけてもらっても何の音沙汰もなしヽ(゚Д゚;)ノ!!
先生が投げるとすぐかかる。あものロッドを使ってもすぐ釣るΣΣ(゚д゚lll)!

水の中には大きな大きな虹鱒が丸見えなのに!
フライを伺いに来ているのまでモロ見えなのに!

とはいえ釣れなくてもせっかく先生が一緒の貴重な時間。
肘が上がっていないキャスティングの問題点を教わったり
リトリーブとラインの回収方法を教えてもらったり。

肘を上げてキャスティング→かなり下の方でとめる→
マラブ-が落ちるのを待ってリトリーブ開始→ライン回収→ロッド立てない

何かひとつに気を取られると何かを忘れる・・・
他に神経とられすぎ、口までポカーンと開いちゃってw

おまけに。

やっとヒットしたかと思ったら合わせられず永遠の別れΣ(゚Д゚)!
偶然、合ったかと思えば駆け引きが出来ず逃亡される始末Σ(゚ロ゚;)

入場してからすでに3時間半経過。

号泣  逆ギレ  根性  挫折  気合

・・・どうする、あも?

ちょっぴりションボリしていたら先生から場所移動の提案が。
行ってみるとそこは焼き魚サイズのちびっこ虹鱒コーナー。
残り1時間半。ここで釣れなかったらジ・エンド。切腹しかないw

仁王立ちの必死な姿には悲壮感すら漂うw


か、かかった!! やっとかかった!! 


30センチに満たない虹鱒ちゃんに振り回され超真剣。
次々と飛ばされる指示に従いつつ

ここで会ったが100年目ヽ(`Д´)ノ もう逃しませんとも=3=3

必死の形相はおそらく般若のごとし・・・だったと思うw

そしてついに・・・

キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

やってみたかった魚を持ってのニコパチw


苦節4時間w ようやく三十路の生涯初めての一匹があもの手に!!
ひそかに「釣れなかった時のブログ」のこと考え出してたもんねw
ちびっこ虹鱒コーナーでもいいの。釣れたからいいのw

その後、「はい、次」「はい、次釣って」と促されるまま、
ちびっこ虹鱒をどんどん釣って何匹かはフライもはずしてみたりした。

渓流に行って入れ食いで釣れたら面白くないのかもしれないけど、
あもは釣る練習だから釣れる時にじゃんじゃん釣っちゃうw

ちびっこ虹鱒と戯れ、喜んでいることしばし。

「よし、じゃあ最後にさっきのとこ戻って頑張ろうか!」

エッΣΣ(゚д゚lll)!

いや・・・あの方たちは多分あもには無理だと思うよ・・・

心の中で呟きつつ、あもは愛しくかわゆいちびっこ達と別れ、
海千山千のツワモノどもがたむろする悲しみのポンドへと向かうのであった。

後編へ続く・・・


ランキング参加中です!応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2007.08.02 Thursday 21:55 | - | trackbacks(0) | 釣行記録〜1年目 | 

スポンサーサイト

2011.03.20 Sunday 21:55 | - | - | - | 
キャッシング