<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
SEARCH
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.03.20 Sunday  | - | - | - | 

城巡り弾丸ツアーざ畊照幡編

2日目の今日は城じゃあないんだけどw

時代劇チックな江戸時代の世界を堪能しに滋賀県、近江八幡へ。
ごっそり城および、城跡のある琵琶湖周辺に来ておきながら、
ここはあえて年寄りくさめな名所観光をするのが時代劇ファンw
だって中途半端にひとつくらい見ちゃうと次にこの周辺一体
ロックオンした時、城巡りの予定が立てづらいじゃない?

鬼平や秋山小兵衛が船で通りそうだった瞬間
風情のある風景

建物映っちゃうといまいちだけど深川・本所あたりの
掘割の雰囲気とかは多少あったりするんじゃない?

舟で通りたいとちょっと思った瞬間
佇む女に風情はない

少し行ったところには観光用の舟があるんだけど、
外見は木でも手漕ぎじゃなくてモーターつきΣ(゚Д゚)!
バルバル言いながら堀を行くのを見ると興ざめ・・。

パンフレットと同じ場面を探しあてた瞬間
商人町

行ったりきたりで同じカット、同じ位置から撮影してみたり。
並んだ家は人の住んでる民家もあれば資料館になってるものもあり。
近江八幡はこの商人町に限らず、町ぐるみでこの風景を残そうと、
補助金つきで建物の外観統一がされているので町並みに違和感がない。

見越しの松が風情炸裂だった瞬間
見越しの松がいい感じ

黒板塀に見越しの松・・・時代小説なら妾宅の典型的な風景。
黒板塀じゃないけれど松ののぞく風景は何だかおしゃれw

商人、西川さんのお宅に訪問
西川さんのお宅訪問

重文指定された資料館として開放されている商家。
単なる商家ですが見学料を払うと中を見せてくれます。

普通に単なる商家の一部屋だった瞬間
まぁ、単なる商家のひとこまです

金沢で見た旗本屋敷みたく格式ばったものがないから
ごくごく普通。田舎のおばあちゃんちも変わらないようなw

床の間もおばあちゃんちチックだった瞬間
単なる床の間の風景です

そうか、あまり遠い昔の感じがないからなんだわ。
武家屋敷じゃないもんね。人が暮らしていた家だものね。

日本人の美意識が炸裂だった瞬間
庭だけはさりげなくいい感じ

でもさりげないところでお金がかかってたりw
絶対に計算されてるでしょ。客間から見るこの庭の感じ。
おばあちゃんちの庭は柿も梅も下草もまるで好き放題だよ。
こじんまりしていても日本建築って、日本庭園っていいね。

滋賀県近江で江戸の風情を堪能した後は
明日の登城に備え、帰途を取りつつ本日の宿へ。

愛知県額田郡〜風の谷の庵
風の谷の庵〜瑠璃

途中の名古屋、岐阜周辺も城がごっそりあるため
来る日の琵琶湖周遊城巡りプラスに備え今回はスルー。

夏場は無用の長物だった囲炉裏つきだった瞬間
囲炉裏のある部屋

お盆の最中の宿泊・・行く寸前だったのに予約出来た部屋。

蘭の花なんかも浮かんでたりします
露天風呂は蘭の花つき

かっこつけてるけど腹減っちゃってる瞬間
考えることは・・・腹減った!!

夕暮れに佇みいい感じかと思いきや、考えていたのは

ご飯まだかなぁ〜お腹空いちゃったんだけど・・Σ(゚Д゚)!

何ともはや・・全くもって風情のない女でございます。

やっとご飯にありつけた瞬間!!
前菜

昼はSAで豚汁定食食べたのに「やっとありつけた」って一体・・・。
あものお腹の中にはおすもうさんがいるのかもしれないw

別腹発動の予感だった瞬間
懐石風

板さん登場の瞬間
板さん登場

天ぷらだけ揚げに全部の部屋を回るそうです。

あわびの天ぷら初体験だった瞬間
天ぷら揚げてくれます

天ぷらは何と言っても揚げたてが嬉しい。
あわびは踊りを食べても刺身を食べても高い割りに
特においしいと思ったことは無かったけれど、
天ぷらで食べて初めてあわびっておいしいと思った。

別腹発動確定した瞬間
煮物に強肴、ご飯、デザート

ビールもがぶがぶ、たらふく飲んでしまったΣ(゚Д゚)!
帯がきついー!!もう朝まで何も食べれない!!

夜食の寿司にも手を伸ばした瞬間
夜食の寿司

といいつつ、風呂に入ったら食欲再開Σ(゚ロ゚;)!

せっかく「小腹が空いたらどうぞ」と
夜食とは思えぬ押し寿司を用意してくれたから
全然、食べないのも悪いかな〜と思って。

城巡りとか歴史探訪ってのはいつもよりお腹が空くのw

明日は城巡り弾丸ツアーもいよいよファイナル。
三河武士の心意気を堪能しに、岡崎城に登城でござる!!

ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.08.15 Friday 22:32 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

城巡り弾丸ツアーI穎城編

夜も明けぬうちに竹田城〜岡山城と強行登城をし、
おまけに寝てないもんだからお腹がすきました。
せっかく来たんだからご当地グルメも堪能しなきゃ。

憧れの神戸牛にあもまっしぐらだった瞬間
ビフテキ カワムラ

雑誌やテレビにもよく出る有名なチェーン店らしい。
外人にも「Kobe Beef!」と大人気の神戸牛。
あぁぁ、パフォーマンスもいいけど早く肉食べたい!!

ほぼ生でもいいです!!だった瞬間
神戸牛

まぁ〜だぁ〜? 肉はすごいしお腹は空いたし・・。

いざ実食!!の瞬間
神戸牛のビフテキ

・・・・・うまい!! うますぎる!!

ヒレなのにこの空前絶後の柔らかさは一体何なの?
次元の違うあまりのおいしさに、近くにお店があったら
普段の食事を節約してでも定期的に食べたい!!

13時 姫路城到着も予定どおりだった瞬間
姫路城到着

国宝、そして世界遺産。漆喰塗りの美しい城の別名は白鷺城。
天守閣もナイスバディ!!ずっと現存しているなんて超ブラボー!!
あもの好みはさておき、普通の感覚ならやっぱキングオブ城だ。

四の門より登城だった瞬間
いざ登城!

・・お や ?

大手門からの登城を逃し思わず頭かいちゃう人w
パーキング、変なところ選んじゃったもんで・・('A`)

天守閣の中も堪能中だった瞬間
天守閣から見た下界

5層6階だったかな? 下界の眺めよし!!
梁も柱も立派!! 全部に打たれた釘隠しも見事!!
改修の際に作ったという骨組み構造の展示を見て
設計、建築ともに日本人の築城技術のすごさに感動。
CADも重機もない時代に、こんな建物作るだなんて。

カンカン照りでも薄暗かった瞬間
中は真っ暗

窓はあるけど採光前提で作られていないから
昼間でも中はこんなに薄暗い。(カメラの感度はMAX)
単価が高く今のような明るさはとても確保出来ない
蝋燭や油の照明しかなかった時代の闇はきっと怖い。
ゆらゆら揺れる蝋燭や灯心の炎が薄暗い木目に映す影・・


ギャーーーー出たぁぁぁ!!


・・・・(((( ゚Д゚))))ガクガクブルブル


怪談話で肝が冷えるのも常にそこにあるリアリティ。
幽霊の正体見たり枯れ尾花も日常茶飯事の出来事。

はぁ・・・おっがねぇ。くわばらくわばら。

とりあえず覗いておいた瞬間
鉄砲狭間に顔を突っ込む

本当は鉄砲の先を突っ込んで銃眼として使う鉄砲狭間。
どんな風に見えるのか、せっかくだから首を突っ込んでみた。
当たり前だけど狭かった。万一の狙い撃ちにはもってこい。

キングオブ城!!だった瞬間
キングオブ城!!

暴れん坊将軍などの時代劇で江戸城として映るのは
この姫路城の天守閣。他にもドラマ水戸黄門や大岡越前、
映画ではラストサムライや武蔵、大奥、隠し剣鬼の爪などの撮影が。

広い広い城内。もしあもがお侍だったとして。
上役にくだらないお使いなんか頼まれたとしたら・・・

「あも太郎、城下の屋敷まで言付けに行ってくれぬか」
「う〜ん・・・疲れちゃうのでいやでござる!!」

・・・あも切腹Σ(゚Д゚)! 腹がいくつあっても足りん!!

戦や廃城の危機、そして太平洋戦争の戦火を逃れ、
奇跡的に当時のままの姿をとどめた姫路城。
復元の城にはない言い知れぬ歴史の重みと風格がよい。
秀吉が建てたわりに絶妙な気品もあって更にグーw

間違えて橋を渡っちゃった瞬間
フリーでリターンはちょっとお得w

神戸市垂水区の橋の袂のホテルに宿泊予定だったのに、
降り口逃して思わずして明石海峡大橋を渡るはめに。

やだぁ、徳島まで行ったら登城する城が増えちゃうΣ(゚Д゚)!
淡路島でお金払って降りてUターンしなきゃならないのかしらん?

と思ったら乗り継ぎ券もらってフリーでリターン出来ましたw 
わーい得した気分!!案外、間違えてよかったわw
海峡大橋なんて通る機会、そうそうないもんね。

明日は京都を越え、琵琶湖のほとり近江八幡へ。
城はないけど江戸時代の雰囲気を堪能するのだ!!


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.08.14 Thursday 20:51 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

城巡り弾丸ツアー岡山城編

戦う気合の感じられる黒い城が好き。

松本城、松江城、熊本城、そして岡山城。
とりあえず黒は見れる時に見ておかねば・・
ということで西国には滅多に来るチャンスもなし。
竹田城に行ったついでに岡山城にも電撃登城。

9時半到着で絶好調だった瞬間
岡山城に登城

黒の城と言っても岡山城は完全な復元天守閣。
だから時代とリンクするこの地に立った感動を味わうw

見上げてるけど上から目線な感じ満載で登城 だった瞬間
えらそうな登城

何だかえらそうなのはいつものことw
・・だって復元された城ってのは知ってたけど
実物見たら思った以上に作り物ぽいんだもんヽ(`Д´)ノ

何か一味、足りなかった瞬間
岡山城天守閣

まるで映画のセット風だよ。黒い板壁なんてつるつる。
もう少し「木を使いました」的な気を使おうよ・・なんつてw

中はエレベーターつき展示場、資料館です。
華々しい時代の宇喜田家の香りは少なく、
江戸時代になってからの歴代藩主関連の資料や
庶民の暮らし関連の展示がメインでどうもいまいち。
戦国ファンのあたし的にはいまいちグッと来ない。

体験で入場料の元を取った瞬間Σ(゚Д゚)!
大名駕籠に乗っときました

折角だからためらう他の観光客に構わず、
先陣切って大名駕籠に乗ってやりました。
案外、快適。これはちょっとときめくw

後楽園も偵察しといた瞬間
後楽園も見とく

イベントで夜のライトアップ期間らしく昼間の風景は度外視?
風情のないライトや配線があちこちにありすぎて「?」。
GWの兼六園も見所のない時期に行ってしまったけど、
後楽園も来る時期を間違えたのかも知れぬ・・・('A`)

日本3大庭園制覇を目論んでいた瞬間
なんかえらそうだったΣ(゚Д゚)!

あも目線では加賀100万石の財力が誇示された
金沢兼六園の方が豪華絢爛な感じで見ごたえある気が。
どうよ、金かかった庭を見て下さい!!的な。
庭の作りがどうとかはよく知らないけどw

でもこれで水戸の偕楽園に行けば日本三景に続き、
三大庭園も制覇になるわね・・と次なるターゲットロックオンw

10時半、岡山城出発。次は姫路城に登城でござる。


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.08.14 Thursday 03:05 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

城巡り弾丸ツアー|歸直詈

朝日の昇る竹田城跡に登城すべく夜19時に気合の出発。
あも垂涎の城・・・というか正確には城跡、竹田城跡は
但馬の国・・現在の兵庫県北部にある・・・遠い!!

標高300メートル強の山上に築かれた石垣の見事な山城。
天空の城とも呼ばれ、映画「天と地と」ロケで有名になった。

春は桜、秋は紅葉、冬は雲海と雪景色がすばらしいの。
それを知っていて夏ど真ん中に訪れたあたしは一体・・Σ(゚Д゚)!

昔、「影武者」や「天と地」で幻想的な風景が記憶に残り、
最近、雲海の中にぽっかりと浮かぶ竹田城の写真を見て
どうしても実物が見たく、その景色の中に立ちたいと思った。

兵庫県なんて遠すぎるからね。GWは終わったばっかだし、
思い立って大至急行くには盆休みしかなかったのだわ。
縁のある武将たちもお盆で戻ってきてるかもしれないしねw

朝5時前到着で気合マンマンな瞬間
竹田城山門

近道を選択・・は地獄の始まりだった瞬間
近道を選択は地獄の始まり

|д゚) ・・・・・ジーーーッ。

地図を眺めることしばし。

〜こちとら寝ないで登城するのよ。しかも廃墟に!!
おまけにこの後も登城予定がぎっしりつまってる。
ハイキングコースなんて歩く体力はもちろん時間もないの〜

さっさと薄暗い近道コースを選んだ瞬間
暗い山道です

標高300メートル強と知ったのは登城後のこと。
急な斜面を這うように、蜘蛛の巣と格闘しながら、
登城じゃなくて登頂Σ(゚Д゚)! 普通に登山だ。

千畳敷を見るにはとにかくとにかく登って下さい
登ります

ヤブヤブの近道コースをやっとの思いで登りきり、
場内跡に入ったかと思いきや、山城をなめたらいかん。

颯爽と出陣するのは無理だと思った瞬間
ただひたすら登ります

中途半端な標高じゃ涼しいわけもなし。
暑いわ足は疲れるわ・・止まるともう動けなくなりそう。

本丸跡にたどり着いた瞬間
着いたかと思いきや

本丸には着いたけどお楽しみはこれから。
千畳敷をベストポジションで見るためには
こんなとこくらいで満足なんかしちゃダメ!!
折角はるばる来たんだから上から目線になるのよ。

とどめは梯子だった瞬間
まだ登るんです

有名なあの場面をリアルにこの目に焼き付けるには
もうひとふんばり。ママン・・丈夫な足腰をありがとうw

日の出に何とか間に合った瞬間
日の出に間に合った

見せ場のない夏は夜明け前登城で日の出風景を楽しむ。
冬なら雲海が辺りを取り巻いて下界が全く見えない。
竹田城が天空の城といわれる所以。そりゃ幻想的です。

興味のある方、こちらで冬の竹田城の写真が見れます。但馬の風景

それでも感無量だった瞬間
絶景です

見たくて来たくて仕方なかった幻想的な廃墟の城。
その中に今、あたしはいる!!そう思うと何だか感動w

夕暮れもきっと同じ風景だと思った瞬間Σ(゚Д゚)!
廃墟にも陽は登る

朝日に照らされる廃墟。廃墟にも陽は登る。
栄枯盛衰、諸行無常、盛者必衰・・・退廃の美しさ。
廃れていく、埋もれていく何か・・・歴史ってロマンよねぇ。

高速道路からの眺めは寂しげだった瞬間
高速道路から見る眺めは寂しげ

石垣と城跡に生える松のシルエットはちょっと見、気付かない。
ひっそりとした佇まいが何ともいえない切ない感じでいい!!

むううう。あも決意。寒かろうが暗かろうが。
いつか雲海に浮かぶ天空の城を見てやるヽ(`Д´)ノラー!

竹田城は城ファンならずとも知る人ぞ知る名城(跡)。
写真マニアにも有名なスポットだけど貸切で堪能できてラッキー!!
寝てないけど早起きは何とやら・・幸先のよいスタートですw

7時、竹田城を出発。次は岡山城に登城でござる。


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.08.14 Thursday 02:13 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

ラグジュアリー体験記

富裕層とは縁遠い庶民あも、リッツカールトン東京にステイ!!

おひとり様 1泊 5万円? ・・・(((( ゚Д゚))))ガクガクブルブル

離れ作りの露天風呂つき高級温泉旅館なら考えるけど、
ご招待じゃなかったらあもの選択肢には絶対に入らない。

着ていく服も考えちゃうし、靴だって見られるじゃない?
レストランにはドレスコードがあるし、朝食も部屋じゃなくてブッフェだし。

・・庶民がラグジュアリー体験をするってかなり気を使うわ。

でもせっかくもろ仕事じゃなく六本木まで来たことだし、
こんな経験するのも金輪際ないだろうしで、ここは一発、
ランチから六本木ヒルズで贅沢をしちゃうことに。

八坂通り An 京割烹
八坂通り An 京割烹

ランチなのに3000円と5000円のコースのみだった瞬間
八坂通り An 京割烹 お昼のコース

3000円だと鱧が入ってこないから鱧につられてお高い方に。
驚愕の5000円ランチΣ(゚Д゚)! ワンコインどころか樋口さん1枚!!
お客が結構いるのを見て富裕層は確実にいるのだと実感。

やけに敷居が高かった瞬間
リッツカールトン東京

庶民が通ったらピピーッと警報が鳴りそうな・・。
でも気後れしちゃダメ。堂々としてんのがいいのよ。

やっぱり場違いに思えた瞬間
リッツカールトンエントランス

フロントは45階のため入り口にあるのはエントランスホールだけ。
なのにこの広さ、この雰囲気!! エレベーターも見つからない。
「わかりづらいわねぇ・・」後から来たおばちゃん達もキョロキョロ。
通りかかったスタッフが声をかけてくれ、ようやくフロントに到着w

庶民には広すぎて落ち着かなかった瞬間
ルーム

こんなにお部屋が広い上、クロゼットだって別にあるのに
なぜかベッドのすぐ横に荷物を広げる庶民あも。
そもそも手の届く範囲で生活している女だもので・・Σ(゚Д゚)!

高所恐怖症にはありがたみがなかった瞬間
リッツカールトン50Fの風景

夜景ならいいけれど明るいと何だか怖い高所恐怖症。
天空気分を味わうために高層マンションを買う人もいるらしいけど、
高いところは怖いし、火事や地震の時も逃げられないし・・
庶民あもは最悪、飛び降りてもいけそうな2階か3階でいいやw
だいたいこういう景色も毎日見てたら見飽きちゃいそうだし。

ラグジュアリー全開な室内
リッツカールトンのお部屋

ドアを明けてベッドルームに続く通路。ドアの横には広いクロゼットが。
バスルームはあもの部屋より広くて洗面台もゴージャスなのが2台。
広すぎてお風呂とシャワーブースが離れているのがちと困るような。
アメニティももちろんラグジュアリー。シャンプー類はブルガリ。ブラシも木製。

雑誌の中身もラグジュアリーすぎた瞬間
本の中身もラグジュアリーΣ(゚Д゚)!

英語なんて読めないくせに一応手にする庶民あも。
ぱらぱらめくったその雑誌の中身に再び、驚愕!!

一、十、百、千・・・ご、5,000万円の時計!!

目を疑いました。まじで富裕層がターゲットのようです。
あもは庶民らしくミッドタウンでブルガリの香水をゲットしましたw

45階にあるから「フォーティファイブ」だった瞬間
フォーティファイブ

リッツカールトン東京のメインダイニングなのになんつーネーミング!!
おやじギャク的な匂いを感じるのはあもだけかしらん?

ドレスコードがカジュアルエレガンスだというのでワンピースに着替え、
上品ぶっておきながら、しかし普段どおり食べる気はマンマンw

さぁぁ、どんどん持ってらっしゃい!!
フォーティファイブディナーコース(ロブスター)

サーモンのマリネ
フォラグラと名古屋コーチンのテリーヌ、ブラックトリュフ、ブリオッシュトースト
渡り蟹のスープ、カレー風味フラン添え
北海道産ホタテのソテー、バースニップムース、生姜風味の赤ワインソース
ロブスターのポーチ、野菜のコンフィ、タラゴン、トマトレヴィエルジュ
又は
仔牛のグルナダン、アスパラガス、ポテト、夏の茸とモリーユのソース
デザート、コーヒー、チョコレート

横文字が多くて何言っちゃってんだかわかんないけど、
テリーヌとトリュフのソース、ホタテは特にウマー!! お腹に入ればみな同じw
白ワインだ、シャンパンだとグビグビ飲みつつ無事、完食!!

甘いものが苦手なのでチョコレートは残してきたけど、
あとで値段を見てみたら1粒450円で売っていたΣ(゚Д゚)!
ゴディバ以上か・・やっぱ食べときゃよかったのかもw

朝からハッスル!! 寝起き直後でも食欲全開の瞬間
フォーティーファイブブレックファースト

だって朝食のブッフェって燃えるでしょ?

玉子を好きな料理でオーダーして、あとは好きな物を好きなだけ。
パンだけでもバター塗って食べるような普通っぽいの以外に、
デニッシュみたいなおやつっぽいパンまでたくさんの種類が。
パン食い党じゃない上、甘いものも苦手なあもは米に思いを馳せつつ、
写真を撮ったら満足満足。サラダや肉類をたらふく食べましたw

恐らく二度とないラグジュアリー体験もこれでおしまい。
お昼にチェックアウトして超〜現実世界に戻った後は
以前から行きたかった国立新美術館にGO!!

何か地味地味しかった瞬間
国立新美術館〜静物画の秘密.jpg

国立新美術館は常設展示ではなく期間公開の美術館らしい。
去年の今頃はモネ展やってたのに。静物画の秘密って一体・・・('A`)

建物がとーっても立派だった瞬間
国立新美術館.jpg

中はほぼ吹き抜け。展示品が多いからではなく、
空間演出のためらしい。レストランやカフェなども入っている。

秘密の意味がまったくわからなかった瞬間
静物画の秘密1

秘密を知ってもピンと来なかった瞬間
静物画の秘密2

狩の後の絵とか、牛さばいている絵とか、台所の絵とか・・・
そりゃ花の絵なんかもあったけど静物画って地味すぎる。
新聞に載っている絵はさすがにきれい目なのが多いけど、
牛の首が転がった解体の絵なんて飾りたいと思わないし('A`)

モネはどこ行った・・・。

同じ日、皇太子ご夫妻がエミリーウングワレー展の方に来ていたらしい。
あももそっちを見た方がもしかするとよかったのかもしれぬ。

国立新美術館は好きな画家の特別展示の時に
狙いすまして行くのが正解のようです。

最初で最後のラグジュアリー体験を終え、よかったよかった!!

・・・と終われないのがご招待の非常につらいところ。


エビアンが600円・・(((( ゚Д゚))))ガクガク


とか言うんじゃなく、超〜本気出して書いた論文を提出。


「リッツカールトンにサービスの本質を学ぶ」


・・・やばい!! 超〜まじめっぽい!!


〜日々是精進。どんな体験もすべて勉強なのである。



ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.07.05 Saturday 00:56 | - | trackbacks(1) | あもの旅路 | 

癒しの旅路3日目〜松本

癒しの旅路もいよいよ最終日。

埼玉に戻りながら寄れる登城ポイントはたくさんで迷う。
未登城の城もこの際、ひとつでも潰したいところだけど、
精進料理が食べたかったから城よりまず善光寺ありきw
高遠城や上田城もあるけれど久々に松本城を見ることに。

これぞ我が城!くらいの勢いで眺めていた瞬間
松本城に登城

姫路、彦根、犬山城と並んで国宝の松本城。
天守閣は復元ではなく400年前に建てられたもの。
松本城になる前、信玄の頃の呼び名は深志城。
信長の野望ファンのあもにはそっちのがときめくw

あもは実践想定の城が好き。だから黒い城が好き。
熊本城、松江城、岡山城、そしてここ松本城。
戦う気マンマンの作りがあも的にはキングオブ城なのだw

ここもやっぱり長蛇の列だった瞬間
天守閣待ち1時間半Σ(゚Д゚)!

奥さん聞いた? 天守閣待ち1時間半ですってよΣ(゚Д゚)!

松本城は国宝でありながら天守閣の中に入れる太っ腹な城。
狭い階段で一番上まで上がり、武者窓から外をジロジロ見られる。
何しろ階段が狭い上、老若男女が並んで登っていくものだから、
進みが悪いに違いなく、どう考えても2時間以上かかりそう。

一度目の登城時、天守閣に登り殿様気分は味わい済みのあも。
何としても今回は松本城へ!!と遠方からはるばる来たがため、
中に入らず退却するわけにはいかない城めぐりの同志よ・・。
遠征すればあもとて同じ。気の毒すぎて涙が出ちゃうよ。

松本城は本当にかっこいい!!
国宝 松本城

あっΣ(゚Д゚)・・城スタンプもらってくるの忘れちゃった!!
去年から日本100名城のスタンプラリーが始まっている。
善光寺への道すがらの立ち寄りといえ、こいつはうっかりだ・・。

善光寺 淵の坊
善光寺 淵の坊

善光寺には周辺にたくさんの宿坊があって、
予約すると泊まらなくても精進料理が食べられる。

部屋から大混雑の参道を見下ろす
淵の坊から参道を臨む

ツアーの団体さんはゾロゾロ通るわ、一般人もズラズラ通るわ、
おまけになんでこんな時に?な花嫁行列もノロノロ通るわ・・
気温27度の昼下がり、参道はとにかくえらいことに!!

ある意味、かなり贅沢だと思った瞬間
精進料理

レンコンの餅を揚げたものと甘く煮たクルミ
ごま豆腐、高野豆腐の煮物、もずく酢、
山菜の煮物、こんにゃくのピーナツ味噌がけ

殺生ものを使わない精進料理は真面目な坊さん達が
飽きずにおいしく食行をしようと必死で考えたもの。
ひねり出された色んな工夫とかける手がハンパじゃない。

精進料理定番のごま豆腐と高野豆腐はもう絶品!!
こんにゃくにかかったピーナツ味噌もかなりウマー!!

精進料理

その他に手打ちそばと蒸し物、ご飯と香の物が出て3000円。
蒸し物は刻まれたしいたけ以外、ひき肉としか思えなかった。
出汁も全部、こんぶと干ししいたけとかだけだと思うけど、
味も香りもしっかりしていて上品な薄味でとてもおいしい。

遠くても一度は詣れ、善光寺
牛に引かれて善光寺

牛に引かれて善光寺参り。善光寺は無宗派の太っ腹なお寺!!

干した着物を牛が角にひっかけて逃げるのを見て、
強欲で無信心な婆さんが善光寺まで追っていくと、
実は牛は神様で以来、婆さんは信心に目覚めたとか・・。

暑くても混んでてもここまで来たら是が非でも参らねば。
108個、フルスペックの煩悩を引っさげたとっくに三十路オーヴァー。
混雑に負けず、遠くに見える本堂まで歩いていくのだ!!

100円を握りしめ、いざ参る!!
善光寺

「5円」で「ご縁」なんでしょ?

・・・とっくに三十路オーヴァーが5円玉を投げ入れ、
ピンポイントで「ご縁」を狙うのはリアルすぎてイヤー!!(笑)

〜充実した人生、継続でお願いします!!
(出来れば現状維持よりは少しでも上昇気味で・・・)

どうせなら夢や願いはでっかく言っとかないとw
それからついでにあれも願っておかなければ。

釣りたい!!・・てか釣らせて!!

たった100円でお願いに本気を出すあたりが図々しいw
「釣りに行かせて!!」にしとけばよかったかも・・Σ(゚Д゚)!

3日間の強行「癒しの旅路」はこれにて終了。
グルメあり、歴史ロマンあり、温泉ありで楽しかった♥

明日からはまた受難の日々・・でも遊んだ分、頑張らなきゃぁ!!

〜次なる登城は竹田城、松江城にターゲットロックオン!?

ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.05.08 Thursday 22:18 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

癒しの旅路2日目〜黒部ダム

2日目はせっかく北陸方面に来たのだから
前から見たかった黒部立山アルペンルート・・黒部ダムに行く!

糸魚川で降りたら白馬方面へ向け一般道をひた走る
川も観察

白馬手前までずーっと大きな川が右手に見えていた。
釣り人はいるかな〜と思わず目が向いてしまうけど、
雪解け水?すごい濁っていて流れも速く水も多い。

黒部ダムへ向け山道をひたすら登る!
黒部への山道

ここも右手はずーっと川。魚がいるのかはわからないけど、
ポイントがわかりやすい教科書どおりな感じの川でとても綺麗!!

やっと到着!! まずはトロリーバスに乗る
黒部ダム トロリーバスチケット売り場

険しい自然環境とか環境破壊問題とかを含め、
黒部ダムまでの移動は全て用意された乗り物のみ。
運行はまとめて複数台ではあるけれど30分に1度!!
往復2500円のチケットを買ってトロリーバスに乗ること15分。

ついに念願の黒部ダムに到着!!
黒部ダムを見下ろす

何気に高所恐怖症のあも。遠くを見てるならいいけれど、
真下を覗き込むと鳥肌たってゾミゾミしてきちゃう(((( ゚Д゚))))

ここなら間違いなく・・を確信した瞬間
おっがねえ・・

・・・ひぃぃぃぃぃぃ、怖い!! 目が回りそう。

高さといい、コンクリの分厚さといい・・・昭和の時代に
こんな所にこんなダムを作る人間ってホント、まじすごい!!

オドオドしながらひそかに感動中のあも。
調子にのってさらに上を目指してみることに。

写真だと急勾配がわかりづらかった瞬間
ケーブルカー

ダムを渡りケーブルカーに乗って展望台へ。往復1260円。
ちなみに運行は10〜15分に1本。声の大きいアジア人多い!!

展望台からさらに上を目指すにはロープーウェーに乗らねばならぬ。
が、定員が少ない上、はけも悪いのか、乗り場は長蛇の列・・。
並んでも何時に乗れるか分からない。行ったら帰りもこれだし。
おまけにロープ1本とな・・・Σ(゚Д゚)! ダメダメ、あもには無理!!

歴史ロマンへの妄想が大炸裂している瞬間
展望台から山を見る

信長が死んで、秀吉と家康が戦った小牧長久手の合戦の後、
富山城主だった佐々成政は8日かかってアルペンルートを超え、
浜松にいる家康の元に再出兵の依頼をしに行ったとか・・。

この次から次へと連なる山を徒歩で?
ハイテク素材もキャンプ装備もない時代に?
凍死するんでは・・かまくら作ったのかな?
でもそれじゃ移動の効率すごい悪いじゃん!!

・・妄想はだんだんロマンとかけ離れていくのであるw

ダムを満喫したら当然、元の場所まで戻らなければならぬ。
この移動の往復だけは時間がかかりすぎて超うんざり。

おまけに帰りのトロリーバスでは運行時間が空いてしまうから
人を詰め込むだけ詰め込んでおいて更に奥に行けと係員。
バスの外にいるあんたからじゃ見えないかもしれないけど、
すき間があいてんじゃなくて車椅子の人が乗ってるんだ!
車椅子の人、恐縮した顔してた・・これじゃ思い出が台無し。

場所柄、また来て貰おうって観光地じゃないせいか、
料金ばっか高いくせにレスポンスどころか最低限のサービスも悪い。
黒部立山アルペンルートが世界遺産になる日は遠いと思われる('A`)

景色は一見の価値ありで確かに素晴らしいけれど・・
その環境を守るために必要な移動方法なのかもしれないけど・・

ちなみにお昼はタイミングを逃したため夕食に備えパン1個Σ(゚Д゚)!
お腹空いたー!!怒りも忘れ今日の旅館にあもまっしぐらw

ウェルカムドリンクがシャンパンだなんて気がきく!!
吉祥庵 ウェルカムドリンクのシャンパン

今日は松本浅間温泉泊まり。松本といえば松本城。
明日の登城妄想に備え、さっさと鋭気を養わねば。

デザイナーズ旅館は各階のフロアもすごかった瞬間
デザイナーズ 吉祥庵

近頃はやりのプライバシー重視タイプで仲居さんが
あれこれ世話焼きに来ないのが気楽でいいねw
お風呂もおしゃれなら料理もとってもこじゃれてる。

前菜と冷やし鉢
前菜と冷やし鉢〜春野菜白胡麻味噌風味 冬瓜の雲丹包みじゅんさい添え

椀盛とお造り
椀盛とお造り〜空豆の揚げだし風山葵風味 季節のおつくり

煮物と八寸
煮物と八寸〜アナゴと湯葉、菜の花の炊き合わせ 和え物三種盛

代の物
台の物〜牛ロースステーキ

凌ぎ
凌ぎ〜信州1口そば
揚げ物
揚げ物〜新馬鈴薯と鶏そぼろの五色饅頭銀餡
お食事
食事〜筍ご飯 止め椀 香の物
甘味
甘味〜苺あんみつ

いい旅館を実感した瞬間
おにぎり

食事をして戻ったら青菜とじゃこの混ぜ込みおにぎりが
そーっと置いてありました。旅館のご飯って何気に、
米までたどり着けないこと多いから、後になってお腹すく。
あもは時々、食べなかったご飯でおにぎり頼む時があるけど、
言わないでも置いてあるってかなりポイント高い!!

せっかくだから今回はあんまりお腹空かなかったけど、
太るといいつつ、寝る前にしっかり完食おとこまえw

〜癒しの旅路3日目に続く

ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.05.06 Tuesday 22:33 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 

癒しの旅路1日目〜金沢

4月は出張ばかりの仕事も部署のバーベキュー幹事も頑張った。
でもゴールデンウィークが明けたら5月はもっともっと忙しい。

4月だってろくに時間がなくて近くの養沢ばかりだったけど、
5月なんて釣りの「つ」の字もないくらい休日潰れちゃうヽ(`Д´)ノラー!

去年のGWはフライを始める決意をし、フライの本を読んで終わった。
だから今年のGWは・・心ゆくまで釣りを満喫!!かと思いきや、
5月を恙無く乗り越えるため、あもは癒しの旅路に出ることにw

一昨年は天橋立で日本三景制覇なることに気付き、
そのまま夜中に家を出て一晩中車を走らせ京都にGO!
2年前はテレビのCMを見ていて「野生は夜目覚める!」に食いつき、
突如、ナイトサファリを見に猛ダッシュで富士山にGO!

あもはいつだって思い立ったが吉日w 
今回も行きたいとこに行く弾丸ツアー決行だ!!

年寄りくさいけど歴史ファンのあも。中でも戦国前後は大好物。
引かれそうだからあんまり普段、人前では言わないけれど、
城めぐりはひそかな楽しみ。あもは登城と呼んで楽しんでいるw

そうと決まったら今回の登城はどこにしよう舌なめずりをして、
迷った挙句、「のどぐろ」が食べたいから、金沢城へ行くことに。

6時間かけて金沢に到着。腹が減っては戦は出来ぬということで・・

まずは宝生寿司でのどぐろを食べる!!
宝生寿司

はたはたの煮付け
宝生寿司

おまかせの上にぎり
上にぎり

念願!のどぐろの塩焼き
のどぐろ

のどぐろ おいしーー!!

少しくらい高くてもそこらへんでも売ってるといいのに!!

腹ごしらえが済んだら加賀百万石に登城
金沢城を臨む

はは〜ん。これが石川門か!! 仁王立ちで眺める重要文化財w
意外に思えるけれど今の金沢城には天守閣はなく、
中に入っても50間の長屋門しかめぼしいものはない。

でも城めぐりファンはそんなことは気にしない!!
天守閣ばかりが城じゃないの。同じ場所に立って
時空を超えたロマンに勝手な思いを馳せるのが
城めぐりの醍醐味。空想力と妄想力が大切よw

隣の兼六園もとりあえず見ておく
兼六園

前田利家の頃にはなかったのであまり空想力は働かないw

何気に池や川に目が行きます
兼六園

潜水艦級のでかい鯉が超大量Σ(゚Д゚)!キモー!!
何を食べてるの? 池のあちこちでモジってました・・。

やっぱり仁王立ちだった瞬間
金沢 武家屋敷跡

せっかくだから武家屋敷跡にも足を伸ばしてみることに。

金沢には109があり、ヤングが集う一番の繁華街と思われる
そのすぐ裏に中、下級武士の邸宅だった武家屋敷跡がある。

馬廻組組長 野村伝兵衛貞家さんのお宅訪問。
1200石の野村家

鎧を前にあも、しばし釘付け。
青はもっと鮮やかだったんだろうな〜とか
武将に比べると質素な感じだな〜とか観察w

上段の間より庭を臨む
1200石の野村家 庭

100万石大名の直参で1200石取りといえばそこそこ高禄、
でも公の場である表は意外と小さく、5部屋+2階の茶室だけ。
そのかわり上段の間には紫檀や黒檀も贅沢に使われていたり、
畳下が桐板張りになっていたり、釘隠しの細工がすごかったり、
何気ない襖絵が狩野派の画家の手によるものだったり・・

分かる人にしか分からないってお金のかけ方って粋!!
そういう美意識を持った人が多かったんだろうけど・・
けど戦に関係もなく、飯の種になるわけでもないものにも
分相応それなりのお金をかけなければならないのは大変。

あもなんて畳の下なんか、はがしてみせるわけじゃなし、
すぐに腐って抜けるんじゃなきゃ何の板でもいいけどw

柿の種持参で用意周到w
柿の種持参で用意周到w
ガブガブ飲んでも食前酒
風呂から出たら飲む


たくさん歩いた上、妄想力を酷使したので疲れました。
あらかじめ柿の種の小袋持参で準備は万端!!
ひと風呂あびたらご飯前にさっさと飲んじゃいますw

活鯛舟盛懐石
鯛の舟盛

心なしか鯛の顔が憤怒の形相に見えるよな・・・Σ(゚Д゚)!
いきなりのラスボス登場で別腹発動早くも確定w

前菜もろもろ
前菜
若筍煮
若筍煮
シーフードサラダ
シーフードサラダ
ずわい蟹せいろ蒸し
ずわい蟹せいろ蒸し

いさざの踊り食い
いさざ踊り食い

(;゚д゚)ゴクリ…

踊り食い初体験のあも。3匹も?かまずに? 飲むの?

「網ですくってね、ごくっと飲んじゃうのよ!!」
「水槽から出したら食べなくても死んじゃうから(笑)」

仲居さん、面白がって笑いながらけしかける。

丸ごと、わざわざ踊りで食うって何だか不自然な感じ。
まるで「飼ってます」風な盛り付けもいらなくない?

ものはためしで1匹だけ口に入れてみたけれど、
動くものなんて口に入れ慣れないからすぐ飲めない。
魚は口の中で生きるか死ぬかピチピチピチピチ大騒ぎ。

ど、どうしよう・・・。

動いたままどうしても飲めず魚をもてあましたあも、
結局、目を瞑ってエイッ1回だけ噛み、その隙に飲み込んでしまった。

味もしなけりゃ喉ごしも味わえない。目的がわからん・・。

甘鯛さくら蒸し
甘鯛さくら蒸し
鯛茶漬け
鯛茶漬け


鯛の刺身を残してなるものかー!! 別腹発動で鯛は完食w
順調にクリアしていったけれどビールの飲みすぎで米は入らず・・。

別腹発動は明日も続く予定・・体重増加2キロ越の覚悟Σ(゚Д゚)!


〜癒しの旅路2日目に続く


ランキング参加中です!ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 釣りブログへ
2008.05.05 Monday 22:40 | - | trackbacks(0) | あもの旅路 | 
<< | 2 / 2 PAGES | 
キャッシング